あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

新装版 ゆきのひ」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

新装版 ゆきのひ 作・絵:佐々木潔
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2002年
ISBN:9784061322615
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,379
みんなの声 総数 11
「新装版 ゆきのひ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 田舎の駅の日常の細密画

    田舎の駅のありふれた日常を描いています。その描き方にとても細かい配慮があります。雪の日であることが、さらに膨らみを見せてくれました。
    言葉なしの絵本だから見る側に任されている部分が多いのですが、同じ佐々木潔の『なつのおわりのうみは…』に比べると、ディテールへのこだわりが多いだけに淡々とし過ぎているように思いました。
    田舎の駅。
    今ではあまり見かけないタブレット方式。
    単線で、上り下りの入れ替わりのある駅。
    この駅員さんは、雪かきをしたり、通る列車のタブレットを交換したり(タブレットの色が変わっているところがポイント)、客車に乗る人たちと話したり、貨物車の荷物の受け渡しをしたり、合間には駅舎の中で何かしている様子まで見せてくれます。
    朝早くから夜遅くまで働いているので(駅舎の中の姿も見せてくれます)、ひょっとするとこの駅舎で生活していたりするのでしょうか?
    駅名をさりげなく隠れるようにしているのですが、いろいろと細かい配慮があって、間違い探し状態になってしまう可能性もある絵本です。
    言葉のない絵本ですが、ぬくもりを感じる絵本。
    ですが、『なつのおわりのうみは…』で感じた心の描写に対して、淡々としている分余韻が少し少なかった分星ひとつ減らしました。
    佐々木さん、ごめんなさい。

    掲載日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「新装版 ゆきのひ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

だるまさんが / ちょっとだけ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット