あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …

えんそくバス」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

えんそくバス 作:中川 ひろたか
絵:村上 康成
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年03月
ISBN:9784494005826
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,046
みんなの声 総数 230
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな園長先生がいたらいいね

     うちにある「ピーマン村の絵本たち」のシリーズ、最後の1冊。娘は、表紙の小さなえんそくバスに描かれた米粒大の絵を見て、「あっ、おいもさんだ!」(同じシリーズの「さつまのおいも」の)と、喜んでいました。シリーズで読むと、こういう発見があって、楽しいですね。

     今日は、遠足のお話。最初からいきなり盛り上がります。「おやつ なにもっていく?」「チョコだろ キャメルだろ クッキー、・・・」
    「え〜!もってきすぎ〜! Jは、キャンディ1個と、ポッキー1本。バナナはパパとママに半分ずつあげて、チョコレートは、みんなで分けっこするの」と、すっかり遠足前の気分になっています。

     「みぎに まがりまーす」「がたがたみちでーす」・・・いっしょにバスごっこをしながら、ページをめくっていくと、あっという間にバスが公園に着きました。ところが、おべんとうを食べようとした、そのとき、「おーい!」・・・いけない、園長先生のことをすっかり忘れていました! 寝坊して、お弁当も作ってこれなかった園長先生に、みんなが少しずつお弁当を分けてあげました。ピーマン村の子どもたち、自然と優しい思いやりの心が育っているんですね。

     「さつまのおいも」と並んで、娘のお気に入りの1冊です。

    掲載日:2010/01/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「えんそくバス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

みんなの声(230人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット