ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

落語絵本5 おにのめん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

落語絵本5 おにのめん 作・絵:川端 誠
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784906379903
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,712
みんなの声 総数 35
「落語絵本5 おにのめん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おにが笑った!!

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    小学生の息子は凄く面白い!!と絶賛の本です。
    奉公に行ってお母さんと離れ離れのお春。
    お母さんにそっくりのお面を大事にしていましたが、そこへ悪戯をされて鬼のお面にすり替えられてしまいます。
    さてさて・・・・どうなってしまうのでしょう!!
    読んでからのお楽しみ・・
    小学生から楽しめると思います。
    是非どうぞ・

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろいです

    落語にはまってしまっているようです。

    おかあさんの顔とお面の顔がよく似てるというお話でしたが、

    ほんとによく似てて笑ってしまいました。

    お面ひとつでお話が大騒ぎしましたが、

    落語独特のオチもあっておもしろかったです。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことわざでオチ

    最近、お気に入りの「落語絵本」シリーズです。

    あとがきを読んで気がつきましたが、確かに、女の子が主人公になっている落語のお話は、珍しいかもしれませんね。
    うちの娘には親近感が持てて、良かったと思います。

    お話も、母親を慕う切ない気持ちが感じられて、ホームドラマのような雰囲気です。

    オチは、やはり諺を知っていたほうが、より楽しめるかな。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチがいいね〜

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    節分の季節だったので、それらしいおはなしを読んでみました。
    実際は、鬼の面がでてくるだけで、節分とは関係なかったんですけどね。

    最後のオチがいい!落語って話が面白いですね。

    ただ、話の筋を理解するには、やっぱり小学校中学年くらいじゃないと楽しめないかも。

    読み聞かせしながら一番ウケていたのは、大人の私でした(笑)。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜ鬼が笑うのか

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子7歳、女の子5歳

    うちの子は川端さんの絵が好きなようで、この絵本もやっぱり読んで欲しいと言ってきました。
    ただ、お化けシリーズとは違い、落語のシリーズは落語を理解するちょっと高度な知識がないと楽しめないかもしれません。
    このお話に関しては
    「来年の話をすると鬼が笑う」とかいうことわざを知っていて初めておもしろさが分かるかな?と思います。

    もちろん我が家の二人は知りもしなかったです。
    だからオチに関しては私が説明をするということになってしまいましたが、意外にもそれまでのストーリーは面白かったようです。

    私は落語という文化にあまり触れずに大人になりましたが、今はこんなわかりやすい絵本という形でたくさんの本が出ているので、ぜひ子供には抵抗なく親しんでほしいと思います。
    「じゅげむ」「ばけものづかい」あたりからが分かりやすいかな?

    掲載日:2009/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことわざって何?

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

     最後のオチをみて
    「なんで鬼の面が笑っとん?」
    と質問されてしまいました。「来年のことをいうと 鬼が笑う」ということわざの話をしますと、ことわざはおもしろいと思ったようでしばらくことわざにはまりました。
     5歳の妹はお話のハッピーエンドを感じた程度でしたが、7歳と10歳の兄たちには、ことわざ入門?ことわざに興味を持つきっけになりました。

    掲載日:2008/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「落語絵本5 おにのめん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット