だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ねことらくん」 大人が読んだ みんなの声

ねことらくん 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784834022384
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,500
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • チョッキとしっぽ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    ゆうじが積み木で遊んでいるところにやってきたねこは、
    虎くらい強い猫だから「ねことら」と名乗ります。
    そして、ゆうじのチョッキとねことらのしっぽを交換し、二人は入れ替わることに。
    この発想が面白いですね。
    「虎より強い」が、暗示になったのかどうか、ゆうじの活躍はカッコいいです。
    だからでしょうか、再び元通りになった後も、ねことらの遊んだ後片付けも素直にしていますね。
    二度も出てくるサンドイッチも、なんだか、現実のような、夢のような。
    不思議な読後感でした。
    幼稚園児以上くらいから楽しめると思います。

    掲載日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりかえっこだね。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ゆうじが、積み木をしていると、ねこが一匹やってきて、まどから覗き込み、入ってきて遊び始めました。
    「ぼくが遊んでいるのに…」と言うと、見た目はねこでも力はとらだという『ねことらくん』と、しっぽとチョッキを取り替えっこして、ゆうじは、外へ出かけていきました。

    なんて、すてきなできごと!普段では経験できないことを、色々体験できたゆうじくん。見た目は変わらないのに、なんだか不思議です。
    そして、何よりも私が好きなのは、植物の描写です。細かく観察して、的確に描かれていて、でも、柔らかな線質に、心が和みます。
    ゆうじだったらできそうもないことを簡単にやり遂げて、でもなんだか飄々としている様子が、面白いですよ。

    掲載日:2009/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な体験?

    ゆうじ君とネコがしっぽとチョッキを交換するお話です。

    ゆうじ君はしっぽをつけて“ねことらくん”変身して、大活躍をします。
    見た目とは異なる力強さに驚きました(笑)

    なんと言っても、不思議な体験をしたのにも関わらず、平然と普通の生活に戻ってしまう所が良いなぁと思いました。

    “強くなりたい”という子ども達の憧れが詰まったオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねことらくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / だるまさんが / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット