庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

あれこれ たまご」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

あれこれ たまご 作:とりやま みゆき
絵:中の滋
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784834022728
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,022
みんなの声 総数 59
「あれこれ たまご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 関西人になりきって

    • とんくるりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子8歳、女の子5歳、女の子0歳

    たまごの気持ちは本当にこんななのでしょうかね?
    それにしてもたまごをよく観察して描かれている
    絵本だと思いました。
    わたしは関西人ではありませんが、なんちゃって
    関西人になったつもりで調子に乗って読んでいたら
    読んでいるわたしはとっても楽しかったです。
    子供はいつもと違う口調にちょっと唖然としていましたが
    意味などはきちんと理解したようで最後まで聞いてくれました。

    掲載日:2008/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供のリクエスト本

    子供が保育園で見てリクエストしてきた本です。
    卵達がお喋りしてる話ですが、大阪弁になっただけでこんなに楽しいんですね。
    関西在住ですが、普段は使わないコテコテの大阪弁が読んでいて気持ちいいです。子供が読むとなおオモロイです。
    出てくる料理もおいしそうで、「今晩はオムライスにしようか」と思っちゃいました。

    掲載日:2012/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • しゃべりまくりの卵たち

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    冷蔵庫のお助け食材、たまご。
    白いお肌のたまごを眺めていると、私は平安時代の公家さんを思い浮かべるのですが、この絵本ではバリバリの関西弁でしゃべりまくり!
    スーパーに並んでいるところから、家庭の冷蔵庫へ、そして様々な料理に変身するまで、たまごたちの面白おかしい「しゃべり」で綴られています。
    私のエセ関西弁でも受けてくれた娘たち、完璧なイントネーションで読んだらもっと迫力があって面白いんだろうな〜。
    関西弁ネイティブの方、ぜひお子さんに読んであげてください!

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • めっちゃおもろいやん!

    本屋で立ち読みしたら凄く面白かったので買いました!
    「これは息子にウケルぞ!」と思って読んであげたら、案の定大笑い!
    たまごの気持ちが関西弁でおもしろく描かれているところや、絵本の中で紹介されている卵料理の数々が、息子の興味を引いたようです。

    それにしても、卵料理の数々が本当に美味しそうに描かれていて、息子は絵本にかぶりついていました!(笑)

    たまご一個一個の顔の表情もとても可愛いです!


    主人公のたまごになりきって読むと、子供にウケルこと間違いなし!!

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    • ゆうまんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、男の子4歳

    これは すごく 楽しい本です!
    子供達が喜んで喜んで何度も 読んでと言います(⌒ー⌒)
    関西弁なんですが ほんとにコテコテの関西弁で面白いようです。
    我が家の子供達は アレルギーがあって 卵が皮膚につくとかゆくなります。
    でも火を通したものは食べれるはずなんですが 『かゆくなるから・・・』と 
    食べてくれませんでしたが この本を読んでから 卵の気持ちを
    考えるようになり 食べてくれるようになりました!
    卵は色々な物に変身するって とこも楽しいようで 自分から
    『今日は オムライス食べる〜!』
    なんて言ってくれるようにもなりました!
    この本は我が家にとって色々な意味で良い本でした!

    掲載日:2008/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまご大好き!

    たまご大好きな我が家。
    気をつけていないとタマゴ・タマゴの料理になってしまう我が家なのです。
    だから息子にとってもタマゴはすごい身近な食材。
    それがお話となっているとあれば、それだけでも面白い!
    お料理も大好きな息子なのでなおさらかなあ^^;

    なのにこの絵本、関西弁でさらに面白さを倍増しています^^;
    関西のノリってやっぱ楽しい♪
    そして最後にボケ&突っ込みがあるのもさすがです。

    食育の絵本といえばそうなのですが、
    関西弁のせいかそんなこと感じず、
    楽しく読めて、それでもってお料理にも興味をもっちゃう。
    そんな絵本ではないかなあと思います^^;

    掲載日:2007/07/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あれこれ たまご」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット