うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

じろきちおおかみ」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

じろきちおおかみ 作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1985年
ISBN:9784265911080
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,448
みんなの声 総数 8
「じろきちおおかみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんでウシなの?

    迷子になった女の子を喰おうと連れ帰ったおおかみのじろきち。
    「大きく育ててから喰う方が得だぞ」と言ったのはうしのまさくとっつぁん。
    ここで、「なんでウシなの?」と誰もが思う(らしい)。
    ちょっと怖そうな話を、人情話に切り替えてくれるのはなんといってもうしのまんさくとっつぁんである。
    絵本の中で、うしのまんさくとっつぁんの姿は、どこかユーモラスである。

    じろきちは、女の子を早く育てて食べるために一生懸命。
    でも、よく考えると、子育ての基本が入ってはいやしないか? じろきちは女の子に愛情を注いでいるようにも見えるじゃないか。
    絵本で描かれるおおかみのじろきちには、怖さがひとかけらもないのである。
    そしておしまいには、そろそろ食べ頃と言うまんさくとっつぁんに反論する。

    「おやそうかい」というとっつあんのホントの気持ちは何だったんだろう?(もともと食べる気などなくて、じろきちに子育てを教えていたのかも)
    「すっかりまんさくとっつぁんにだまされた」というじろきち。
    「おれもおおかみにしちゃあまぬけだな…」というじろきちには、どこぞの野性的な親よりよほど人情味があるではないか。

    何度か読み聞かせをして、大人と子どもの反応はいろいろである。
    しかし共通していえるのは、「なんでウシなの?」である。

    最後のシーン。
    じろきちは女の子を背負って里へ下りていく。
    その後は、読者の想像にお任せであるようである。

    矢玉四郎さん。ファンになりました。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「じろきちおおかみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット