すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ひさの星」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ひさの星 作:斎藤 隆介
絵:岩崎 ちひろ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1972年
ISBN:9784265909070
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,952
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちひろの世界

    とても哀しい話です。誤解されても何も言わず、口数の少ないひさ。
    ひさの素晴らしさは、後から人が知るところとなります。
    人によっては、「なんで主張しないの」と思うかも知れません。
    不幸せすぎるから。
    ひさにとっては、何の救いもない話のように思えます。

    でも私は、いわさきちひろさんがこの絵本の絵を描いたことで、とてもおおきな意味を感じました。
    ちひろさんは、平和を愛し子どもを慈しみ思想の人でもあるからです。さりげなく描かれたように見えがちな絵に、とてもすごいメッセージを込めています。
    子どもたちの姿が、線で整えらるのではなく、絵の具と筆の醸し出す柔らかさで、とても強い存在感を示していることにも感銘します。
    感性の絵とでも言うのでしょうか?

    ひさを捜す村人達の動き。遠くを見つめる村人の後ろ姿。
    風景に溶け込んでしまっているようで、鮮明な子ども達の目。
    登場人物のない絵にもメロディがあります。
    いわさきさんの伝えたかったのは、理不尽な悲惨さに対して、「考えて下さい、考えて下さい」ということだったのでは。
    絵がとても重いから。

    この絵本を見て、ちひろさんの絵にとても感動しました。
    絵を見て、考えて、受け止める絵本です。

    掲載日:2009/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ひさの星」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / だるまさんが / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / くだもの だもの / たからものくらべ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット