なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
グッチーさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

大男ボルス」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

大男ボルス 作:松居スーザン
絵:佐藤 国男
出版社:北水
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年
ISBN:9784939000324
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,055
みんなの声 総数 5
「大男ボルス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 木目のやさしさと、お話のやさしさと 

    タイトルからは想像できなかった、優しさ満ち溢れるお話です。
    大男ボルスという名前から、怪物でも現れるのかと思ったら同じ人間。
    ただ大男だというだけで恐れられ追いやられた悲しい男の人でした。
    ボルスが村に近づくと、捕まると子どもたちが生きて帰れないなどと大騒ぎが始まります。
    誰がそんなことを言い始めたのでしょう。
    いい加減な話が広まって、村人の間では本当のことのようになってしまっていたのです。
    村人が家に逃げ込んだ後、落ちていた布団を、拾い上げて汚れを落とし、またさおにかけてあげる。
    ボルスは、そんな優しい男でした。
    女の子がその優しさを見抜いて友だちになるのですが、これがまた人々には誤解されてしまい、寄ってたかってボルスは袋叩き。
    それでも抵抗しないボルス。
    ボルスの優しさと悲しみばかりが浮かび上がるお話です。

    このお話に加えて、絵の優しさが素晴らしい。
    はじめは、ボルスの描かれ方が大男らしくなくて違和感があったのですが、木目を背景に溶け込ませた木版画の優しさと、優しい色調に、最初からこのように描きたかったのだと納得しました。
    ボルスは化け物ではなく、素朴な優しい男。
    タイトルとの落差はあるけれど、とても優しい絵が、お話とマッチしていると思いました。

    一本のトドマツのお話でした。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「大男ボルス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / いないいないばあ / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



家族みんなでワイワイ遊べるグッズが盛りだくさん!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット