もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おばけのバーバパパ」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばけのバーバパパ 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1972年06月
ISBN:9784032021301
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,660
みんなの声 総数 196
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議なおばけ

    私が子供の頃に持っていた、お気に入りだった絵本のひとつです。
    ふと思い出して、我が子にも読ませてみました。

    バーパパパは庭の土の中から生まれたおばけです。
    でも生まれた庭のおうちのお母さんは、「大きすぎるから、うちへおいとくわけにはいかないわ」と言います。
    行き先のないバーバパパは動物園へ行くことになりますが、そこも追い出されることに。
    どこにも行くところがなくなった時、「家事だぁー!」という叫び声が聞こえて…?

    改めて読み返してみると、疑問に思うことが多々ありました。
    バーバパパが土の中から生まれたということ。
    おばけだというのに、昼間でも平気だということ。
    街中をうろついていても、誰も怖がらないこと――などなど。
    子供の時はすごく素直にお話を受け入れていたんだなぁと、実感しました。
    はじめのうちはみんなから認められず一人ぼっちのバーバパパでしたが、なんにでも姿を変えることができるという特技を生かして人助けをすることによって、徐々に受け入れられていく様子が子供心にも嬉しかったのを覚えています。

    最後のページ、バーバパパが家の庭から上を見上げて手を振っている場面が、お話の行く末を見守っていた私達読者に向かって手を振っているようで大好きです。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけのバーバパパ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


お気に入りのくだものはどれ?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット