あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

てのひらむかしばなし へっこきあねさ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

てのひらむかしばなし へっこきあねさ 作:長谷川 摂子
絵:荒井 良二
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:2004年09月
ISBN:9784001163650
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,327
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どっばーん だっばーん

    よく知っている昔話ですが、荒井良二さんのかわいい絵で読むとまた違った味わいで楽しめました。
    なにしろ、着物の裾をめくってお尻を出しておならをするあねさがとってもかわいいのです。周りで驚いたり飛ばされたりするあんにゃやばあさやあまさんのリアクションも笑えます。
    一緒に読んだ4歳の息子もこの絵本をとても気に入ったようで、「どっばーん」「だっばーん」などとうれしそうに繰り返していました。
    読めば大人も子供も元気になっちゃう絵本だと思います。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学生以上がいいかも!

    昔言葉が終始出てくるので、小学生くらいの子の方が理解しやすい絵本のような気がします。
    4歳の息子に読みましたが、一生懸命に聞きながらも「???」が渦巻いているように感じました。
    おならの音では、大笑いですが(*^_^*)

    2年生の息子は内容を理解して「ありえない〜!」と大ウケでしたよ!

    荒井良二さんの絵がほのぼので、とても良いです。

    それにしても、おならを吸い込むという技があるなんて!知りませんでした〜(^o^)

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかくわらえる

    『おなら』が題材なら子供は無条件に笑うでしょう。
    しかもあまりにダイナミックなので笑うしかないでしょうね。
    私も子供の頃読んだと思いますが
    少し内容が違うような気がしました。
    こちらのほうが『そんなバカな!!』って
    言いたくなるような状況のような…。

    掲載日:2011/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと無茶?

    オシッコとかウンチとかオナラとか小さい子供は大好きですよね。お尻が出てきて黄色いおならが出てくるだけで息子もきゃあきゃあ笑っていました。あんまりお話聞いてないんじゃないの?って言いたくなるくらい。私は最初の柿をおならで落とすのは面白いなあと思ったのですが、船頭のところでおならを吸い込むってのはあり得ないし。大根をとるくだりでは回りくどくって、さすがにあり得なさ過ぎてうまくお話に入り込めなくなってしまい…息子と私の意見が真っ二つに分かれるところですが、今回は我を通して星三つにしました。
    検索したらもう一冊あったので、そちらも読んでみたいです。

    掲載日:2010/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶対リベンジ!

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    小さいサイズのかわいらしい絵本。
    1歳の娘が自分用の絵本かと勘違いして持って来ましたが、これは上の娘、というよりも、私のための絵本でした。
    シモ系のはなしが好きな子だったらもちろん、大人だって楽しめます。
    だってこのあねさん、とっても立派なおならを自由自在に操り、すごいことをやってのけてしまうのです。出すだけでなく、吸い込むんですからたまりません。
    おならの音がいちいち面白いので、読んでいるこちらはくすくす笑ってしまいましたが、年少さんの上の娘には残念ながらヒットならず、笑ってくれないまま終わってしまいました。
    昔話調の言葉が難しかったかな?
    悔しいので絶対笑わせたい。ということで、もう少し成長を待って、必ずリベンジしたい一冊です。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文句なく,面白い。

    お話の内容と荒井良二さんの挿絵がとても合っていて,楽しいです。
    娘は最初に読んだ時にはよくわからなかったようですが,
    何度も読むうちに想像ができて,面白がっています。

    掲載日:2009/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「てのひらむかしばなし へっこきあねさ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / どうぞのいす / バムとケロのおかいもの / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット