もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ミミズのふしぎ」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

ミミズのふしぎ 写真:皆越 ようせい
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784591081723
評価スコア 4.8
評価ランキング 306
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 写真は結構キモっ!けど、面白いです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    うちの子いわく、この本の題名は間違ってる。「ミミズの不思議」じゃなくて、「ミミズのうんち」にするべきだよ。
    と、言っていました。
    う〜ん。一理あるかも、もちろん、この絵本の中には、ミミズのうんち以外のミミズの不思議もいっぱい書かれていましたが、
    「ミミズのうんち」のインパクトは強かったです。
    そして、表紙のこの写真の絵!ハッキリいって、キモい!!

    え〜っと、この絵本はポプラ社の「ふしぎいっぱい写真絵本」シリーズの中の1冊です。
    この絵本を読んで、一番美くりしたのはミミズのたまごの産み方。
    こんなふしぎなう見方をする生命体がいたんですね〜。
    しかも、普段普通に目にしているその辺の生き物ときた!
    この絵本は知らないと損をしますよ〜。
    とても面白かったので、写真はエグイというか気持ち悪いものを結構ありましたが、ぜひ、たくさんのお子さんに読んでもらいたいなぁ、と思いました。
    読んであげるなら幼稚園くらいでもいけるかな。でも、内容を理解できるのは小学校くらいからでしょうか?

    掲載日:2009/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ミミズのふしぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / 綱渡りの男 / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    教科書でもおなじみ、塚本やすし先生の楽しい読み聞かせ絵本。おでんしゃ出発しまーす。


音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット