ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

はなのあなのはなし」 大人が読んだ みんなの声

はなのあなのはなし 作・絵:やぎゅう げんいちろう
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1982年10月15日
ISBN:9784834008913
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,340
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人間の体の一部分の鼻の穴、空気を吸ったり、臭いが分かる大事な役割があります

    動物にも鼻の穴があります(イルカは鼻の穴が一つ そうなんですね!)  あざらし・かばの鼻の穴の仕組みもなるほど
    ごりらが鼻水をかわかして食べるのは 笑えます 動物と人間の違いかな? でも人間でも はなくそ 食べてる人いるかも・・・・笑

    人によって、鼻の穴の大きさ、形が違うのがおもしろく描かれていて笑えます(思わず、鏡で 自分の鼻の穴を見ました! 笑えますね)

    やぎゅうげんいちろうさんの絵は楽しいので好きです 子供たちにもよく分かる 科学の絵本です
    お奨めです!

    かがくのともは 子供も大人もたいへん勉強になります!

    オチの骸骨は 最高です!
    大人にもお薦めの絵本ですよ!

    掲載日:2012/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の思い出です^^

     この絵本は私が小さい頃によく読んでいました。
     本屋さんで見つけた時、懐かしくてホントに嬉しくなりました。
     私の鼻の知識は、この絵本で覚えたといっても過言ではないと思います^^
     特に好きなのは、いろんな鼻の穴の形です。
     「自分の鼻の穴はこれ!お母さんのはこれ!お父さんのはこれ!」
     そう指差しながら読んでいたことを思い出しました。
     子供にはまだ読んでいませんが、いつか必ず読んであげたいと思っています。子供も必ず気に入ってくれると思います。

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はなのあなのはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / うんちしたのはだれよ! / コロちゃんはどこ? / おでかけのまえに / うまれてきてくれてありがとう / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット