たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

教室はまちがうところだ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

教室はまちがうところだ 作:蒔田晋治
絵:長谷川 知子
出版社:子どもの未来社
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784901330404
評価スコア 4.37
評価ランキング 9,862
みんなの声 総数 51
「教室はまちがうところだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 4月の読み聞かせで読みました

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子13歳、女の子7歳

    読み聞かせボランティアで、4月に、2年生の教室で読みました。
    2年生になったばかりの子供たちに、合っているかなと思ったことと、絵が素敵だったので選びました。

    子供たちの前で詩を読むのは初めてだったし、時々方言のような言い回し(…そんなものはおりゃあせん、…おらぁ根性まげねぇだ、など)があって、うまく読めるか心配でした。
    また、読み聞かせの時、担任の先生も子供と一緒に聞いていらっしゃるので、先生からのメッセージのような本を私が読むのは、おこがましいかなという感じもありました。
    でも、気心の知れた先生なので、気にせず読むことにしました。

    まず、表紙にまだ習っていない漢字が載っているのを、読める、読めないと盛り上がり、そのすきに、絵の中の子供の数をせっせと数えている子がいて、おもしろかったです。
    内容も伝わったようで「まちがってもいいんだ。」「いっぱい、手を上げてみよう。」という声が聞こえました。
    もう少し上の学年になると、手を上げるのが照れくさくなる子も多いので、その頃読んでもいいかなと思いました。

    あと、何かと我が子にむかって「なんで、こんな間違いをするの!」と言ってしまうことが多い自分が、深く反省させられる本でした。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 勇気が出てくれるといいな

    小学校1年生の娘の授業参観に行ったとき、家では妹たちのリーダーとなって「しきりや」の娘が、手もあげずに小さくなっているのを見て、ちょっぴりショックでした。完璧主義の娘は、間違うことをはずかしいと思っているにちがいない。なんとかしなければ。と思っていたときにこの絵本のことを知り、娘に差し出しました。
    娘も「まちがってもいいんだ」ときっと頭では分かっているのだと思いますが、この絵本を読んで勇気が出てくれるといいなと思います。
    親の私も、読んではっとさせられました。「まちがいだらけのぼくらの教室。おそれちゃいけない、わらっちゃいけない。安心して手をあげろ。安心してまちがえや」。いろいろ失敗して、人は成長するものです。小学生にだけでなく、人生の応援歌にもなりそうな詩だなと思いました。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 学校とは

    このお話は、学校の授業で恥ずかしがらずに手をあげて、みんなで考えて発表することの大切さを描いたお話でした。うちの子はこの絵本を聞きながら「間違ったら恥ずかしいじゃん!」と言っていましたが、この絵本を最後まで読むと発表する勇気が少し湧いたそうです。

    掲載日:2015/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力強いメッセージ

    • R☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道

    「教室はまちがうところだ!」

    って、先生が笑顔で
    こんなに力強く明るく宣言してくれたら
    きっと多くの子どもたちが、心底ホッとして

    「手・・・ちょっと、あげてみようかなぁ・・・」

    という気持ちになることでしょう。

    『どの先生も、心の中でみ〜んなそう思っているんだよ。
    “教室はまちがうところだ!安心して手を上げていいんだよ。安心して間違えていいんだよ。”ってね。
    だから、安心して手を上げてごらん♪
    みんなでいっぱい間違えて、みんなでいっぱい考えて、
    それで、みんなで一緒にグーンと成長しよう♪』

    そんなメッセージが、子どもたちの心にまっすぐ届きそうな1冊です。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一年生への読み聞かせ

    一年生へ読み聞かせ。
    まず最初のページを読んだ途端
    小さい「えー」という反論を含む声が所々から上がる。
    その瞬間、
    この教室は「まちがってはいけないところ」であることが分かる。
    良い内容なのだが、読みすすめていくうち
    本への集中が途切れる子が増えていく。
    部外者の私が読み聞かせても
    子供たちの心には響かないようだ。
    たとえこの本で救われる子がここにいても
    多勢に無勢だろう。
    この本はまず一番に教師に読んで欲しい。
    そういうことで読み聞かせには不向き
    ☆2つ。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校の読み聞かせで、この絵本を読んでみました。

    1年生〜4年生くらいまでの子どもたちを対象に読みました。

    1年生には難しかったのか、あまり反応はありませんでした。
    言葉が途中から方言のようになり、私たちのなじみの言葉ではなかったからかもしれません。女性ではなく、男性が読む方が面白さが出るのかなぁ?と思ったりしました。
    また、物語を中心に読んできている中で、こちらの絵本は言葉のテンポがよすぎるため、印象的なところが見つけられなかったようです。

    また、3年生になると「手を挙げて発言する人は、自信のある人だけ。手を揚げない人は、自信のある人に任せたらいい!」というシビアな感想が返ってきてしまいました。
    『理想と現実』が理解できる年なんでしょうか・・・?

    書店では、絵本のコーナーではなく、学校経営のコーナーで紹介されていましたから、どちらかと言えば読み聞かせには向かないかもしれませんね。大人が読む絵本の印象が強かったです。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「教室はまちがうところだ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

全ページためしよみ
年齢別絵本セット