もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

」 大人が読んだ みんなの声

龍 作:今江 祥智
絵:田島 征三
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年02月
ISBN:9784776400165
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,946
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今江さんの龍の話がいいんです

    恥ずかしがり屋の龍の三太郎の気持ちが分かります
    お父さんの龍大王にも見捨てられるほど 気がよわいのです
    ところが 沼の底に潜んでいては 生きづらくて とうとうものすごい勢いで 沼の底から飛び出すのです
    そしたら 竜巻が起こり田畑に 大雨を降らし村人たちを救ったのです
    田島さんの龍に対する愛情がほとばしるような絵に 吸い込まれました
    龍神様になったわけも 
    オチの 「神様ちゅうもんは たいくつなもんじゃ」
    う〜ん 龍も苦労してるな〜
    龍どしに ちなんで 良い絵本に巡り会えました

    お話を覚えて 語りで聞いてもらうも いいな〜

    掲載日:2012/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵:田島氏の魅力

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    沖縄っぽい龍の絵だなぁ・・・と表紙を見て思い、ページをめくると、田島征三氏の世界\(◎o◎)/!田島氏ならではの迫力で、ページに収まりきれない感じが見て取れます。
    貼り絵?のおもしろさも楽しめます。

    父親の龍大王がうんざりする位の気の小さい息子の龍という設定がおもしろい。
    別にたいしたことしないのに、神様になってしまう。なってしまえば「神様ちゅうもんは、たいくつなもんじゃ・・・」(^^ゞ

    昔話ならではの楽しさ、プラス、稲作・日照り・雨乞い・龍神信仰・・・といろいろお勉強にもなります。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「龍」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / だるまさんが / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット