ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

なんにかわるかな?」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

なんにかわるかな? 作・絵:パット・ハッチンス
訳:石竹 光江 解説
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1975年
ISBN:9784593500017
評価スコア 4
評価ランキング 18,186
みんなの声 総数 17
「なんにかわるかな?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自由自在

    文章がない絵本です。読み手が色々なアレンジをして毎回話が違う内容で読めるので、ボキャブラリーが豊富や発想力が強いお母さんには長く読める絵本です。なかなかお話が思いつかないお母さんには苦痛な絵本かもしれません。満員受けはしません。

    ですが、解説してある小冊子がついていて作者の意図と読み方(実際はストーリーです)が書いてあります。そのまま絵本に転記してあってもいいものとは思います。小冊子読みながら絵本も捲って、子どもが膝の上だと本当に読みずらい。

    積み木の人形たちが登場して家事を消したり、お家を作ったりするのですがちょっと絵が可愛くなく親近感はわきにくいかな。

    掲載日:2016/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 話の展開を理解してから

    字のない絵本は親子ともども得意ではないのですが、図書館から借りてきたこの絵本には、解説が貼付けられていました。

    それを読んで、話の展開を理解し、これなら楽しめそうだと思い、息子に読んでやりました。たぶん、絵本を見ただけでは私には理解できなかっただろうと思います。

    しかし、解説ではページごとに子供に「どうすればいいのかな?」などと尋ねながら読み進めると良いと書かれていましたが、息子はそういうのは苦手のようで、すらすら読んでほしかったようです。

    楽しい絵本でしたが、息子とは相性がよくないのかもしれません。

    掲載日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせは難しい!

     ページをめくるたびに,積み木が色々な物に変わっていきます。家から自動車や船に・・・。火事の場面が出てきたり,ストリー性もあって面白いのですが,絵だけで字がありません。

     私も,息子が3歳頃に読んであげたのですが,うまく読むことができなかった記憶があります。(同じハッチンスの絵本でも,「ロージーのおさんぽ」は息子も喜んでいたのですが・・・)

     最近になって5歳になった息子が読むのを見ていましたが,結構自分でストリーを作って,楽しんでいるようでした。(子供の成長を感じました。)

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「なんにかわるかな?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(17人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット