サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!

てのひらむかしばなし だんだんのみ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

てのひらむかしばなし だんだんのみ 作:長谷川 摂子
絵:福知 伸夫
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784001163704
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,099
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かえるをのんだととさん

    だんだんのみって、どんなお話かなー?と思ったら
    かえるをのんだととさんと同じお話でした。
    個人的にはこちらが好みです。
    どんどん飲みこんでいくととさんも衝撃的ですが、ラストですよね、びっくりです。しかも、せつぶーん!って。笑ってしまいます。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • これって・・・・

    • さーくさん
    • 30代
    • パパ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    これって、多分「かえるをのんだととさん」と同じ話ですよね。「かえる」の方は読んだことが無いんですが、図書館にこちらがあったので借りてきて娘に読み聞かせました。繰り返し繰り返しおんなじようなことしてるお父さんがついに行くところまでいってしまう。ちょっと実はスプラッターな所もあるような気がしますが、そりゃねえだろ、と飽き始めたころに上手な落ちがついていて、落語のような絵本です。すばらしい。

    掲載日:2009/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんだけ〜!!

    • 橘朔夜さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    ちょうど「どんだけ〜!」が流行していた時に読みました。
    最初はみなさんが言われてる通り「だんだんの実」だと思っていたのですが、実は「だんだん飲み」。

    そう、最初はカエルを飲んで、次はヘビを飲んで…。
    だんだん飲み込むモノが大きくなっていくんですけど?
    もう、最後は「どんだけ〜!!」って叫んでしまうようなものを飲んでしまいました。

    なんでそんなモノを飲んだのか。
    最後は何を飲んだのか。
    読んでみたら分かりますよ〜。
    子供と「どんだけ〜!!」と叫んでください。

    こういうひねりのある昔話は大好きです。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「てのひらむかしばなし だんだんのみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大人気「ひよよ」シリーズ、新刊発売記念!

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット