庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ねぼすけスーザのはるまつり」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねぼすけスーザのはるまつり 作・絵:広野 多珂子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2005年04月
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,265
みんなの声 総数 22
「ねぼすけスーザのはるまつり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ウキウキわくわく

    おまつりが近いのでおばさんがドレスを作ってくれることになって
    嬉しくて仕方がないスーザ。
    記事を選びに行って
    ドレスを作っているおばさんの横にいて
    あまり布で小物を作ったり・・・と
    お祭りまでの間 とてもステキな時間を過ごすスーザの様子がとてもいいですね。
    スーザが選んだ真っ赤な水玉の布地がどんなドレスになってゆくのか娘は楽しみに読み進めていました。
    特に女の子にはワクワクするお話でしょうね。
    村全体でおまつりムードで盛り上がっている感じがとても楽しそうでいいなあと思いました。

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 春を喜ぶ気持ち

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    すっかり私のお気に入りになった「ねぼすけスーザ」シリーズ。
    その中でも、この「ねぼすけスーザのはるまつり」は素敵なところを
    ぜーんぶ集めたような、温かくて、嬉しくて、ウキウキする絵本です。

    マリアおばさんのあんだセーターを着ていたスーザは、空気の暖かさや
    草から春が来たことを知ります。
    春祭り用のドレスの生地を買いに行って、華やかでかわいらしいドレスを
    作ってくれるマリアおばさん。
    近所のアンヘルおじさん、テレサおばさん、ルイザおばあさんとの会話。
    オリーブ畑のキンテロおじさん。
    いつものメンバーが出てきて、スーザの住むところの土地柄を感じます。
    スーザの作った花も鮮やかで、春祭りに向けて盛り上げてくれます。

    私が一番好きな場面は、みんなで馬車に乗り合って春祭りに向かうところ。
    地味な馬車に乗った、華やかな人たちの周りの空気が、普段とは違う
    ハレの日の空気で、春祭りを喜ぶ気持ちが伝わってきます。

    最後は、「スーザ、目立ってるね!」と娘の嬉しそうな声が上がりました。

    掲載日:2008/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねぼすけスーザのはるまつり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / めっきらもっきらどおんどん / すてきな三にんぐみ / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット