雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

まねっこルビー」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

まねっこルビー 作・絵:ペギー・ラスマン
訳:ひがし はるみ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784198606411
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,683
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ルビーが何でも真似をするのは、自分に自信が持てないからでしょうね。でも、真似される側は、あまりにしつこいと嫌な気持ちになるでしょうし、友だちではいられなくなるように思います。
    先生の機転で、ルビーはクラスメイトと仲良くなりました。
    自分らしさを表現すること、表現出来ることが、どれ程に大切か、考えさせてくれる絵本だと思います。

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一言の重みを感じる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ペギー・ラスマンは、1996年のコールデコット賞受賞作品、「バックルさんとめいけんグロリア」で知られています。
    他に「たいへんたいへん、あかちゃん、まって!」「おやすみゴリラくん」等があり、気に入っている作者の一人です。

    主人公のルビーは、転校生の女の子。
    前に座るアンジェラの真似ばかりするので、アンジェラに嫌われてしまいます。
    確かに、真似をする行為ってあるけれど、ここまでされると、真似される方に嫌気がさすのも無理ないところ。
    そこで、ハート先生が、優しく諭すのですが、あろうことか、ルビーはハート先生の真似を始めてしまうのです。

    「日曜日にオペラを見に行きました」と言ったハート先生の真似をして、「わたしもオペラに行きました」と発表するルビーでしたが、ハート先生の凄いのは、ここから。
    「他に、何かしなかったの?」
    と優しく聞くのです。

    心の扉を開くのは、難しいことですが、ふとしたきっかけで変るもの。
    そこまで考えたハート先生の一言に、感銘せざるを得ません。
    またそのエンディングが、素晴らしく、一読して欲しい作品です。
    小学校低学年の女の子向きの作品と言えるかも知れません。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まねっこルビー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット