もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

じいちゃんのよる」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

じいちゃんのよる 作・絵:きむら よしお
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784834026634
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,159
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっとこわい?

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    夏休み、じいちゃんちへ遊びに行った。
    味わいあるイラスト、じいちゃんの表情、家族の行動、じいちゃんちのにおい、田舎の空気、さらには夏の暑さまで絵本から伝わってくるような、臨場感あふれる絵本です。
    すごくほのぼのしてて、心地いいなぁ、楽しいなぁと思っていましたが、およよよ。終盤、ちょっぴり怖い場面に突入します。
    これまでの「夜」のシーンとは少し違う。初めて読むとドキドキしちゃいます。
    まるで闇がじいちゃんを連れて行ってしまいそうな…。
    そういう結末でなくてホッとしましたが、じいちゃんの寂しさのあらわれだったんですね。背表紙を閉じたとき、うるっときてしまいましたー。
    ちなみに、小さな子はもしかしたら怖がってしまうかもしれないのでご注意を〜。

    掲載日:2013/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 帰省

    夏休み中の帰省なのでしょう。
    遠くて、たまにしか会えないおじいちゃん。
    我が家も実家が遠いので、共感する部分がありました。
    おじいちゃんのはしゃぐ様子も、おかしいやら・・・
    でも、きっと、孫と離れるのは寂しいのだろうと想像すると、切なさも感じました。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「じいちゃんのよる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット