サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

どこどこ ここ・ここ・・・・−酉(とり)」 大人が読んだ みんなの声

どこどこ ここ・ここ・・・・−酉(とり) 作・絵:五味 太郎
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784861010255
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,435
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほとんど、「こ」と「ど」だけの文!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    ほんと、五味さんのセンスはすごいです!
    これは「干支セトラ」というシリーズの“酉”のおはなしです。
    内容はただただひよこたちがお母さんの雌鶏の後をついていって、途中でちょっと見失ったりってアクシデントがちょっと入って、無事お母さんを見つけてお家に帰る、ってだけのもので、しかも使われている文章がほとんど「こ」と「ど」だけという(笑)

    短いページ数で大した移動もしていないようなのに、しっかり一つのドラマを見せてくれてる。
    すごいなぁと、改めて思いました。
    3才くらいから小学校低学年くらいのお子さんたちのよみきかせの導入などにいかがでしょうか?

    掲載日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんはどこ?

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ひよこが、「どこどこ…」とおかあさんをさがします。
    おかあさんは、「ここ・ここ…」と返事をします。
    その単純な繰り返しかと思ったら、違う方向へと話が進んでいきます。
    五味さんの、独特な絵が、楽しさを大きくしてくれます。
    草花の様子、そしてちょっぴり怖い思いもしますが、画面の隅々まで、細かく見て楽しんでください。

    掲載日:2008/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どこどこ ここ・ここ・・・・−酉(とり)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット