だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ねえだっこして」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねえだっこして 作:竹下 文子
絵:田中 清代
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784323070407
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,176
みんなの声 総数 79
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • じーん

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    赤ちゃんがきて、いつもお母さんは忙しそうにしてるの。
    前みたいにたくさん抱っこしてもらえなくて、ちょっと寂しいネコの気持ち。
    下に兄弟ができたお姉さん・お兄さんと同じですね。
    「ちょっとでいいから だっこして」の言葉に、切なくてジーン・・。

    ネコの表情が豊かです。
    むっちりした赤ちゃんの背中もリアルだなぁ。
    田中清代さんの絵は、伝わりやすくていいなぁ〜と思います。
    言葉も少なくて・・・だからゆっくりかみ締めるように読みます。

    最後のページでお母さんがいとおしそうにネコを抱きしめて、
    お父さんが赤ちゃんを高い高いしているところは温かくて、
    みんなが満たされているのがわかってよかったです。
    息子も「ふふふ〜抱っこしてるねー。赤ちゃんもネコも」と
    ニコニコしました。

    掲載日:2010/02/08

    参考になりました
    感謝
    4
  • 二人目が生まれた時に読みたい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「ねえ だっこして」という題名から主人公は、あかちゃんかと思いきや、さにあらず。
    何と、ねえ だっこしてと言うのは、傍らにいる猫。
    ずっと、猫の目線で物語は進みます。

    読み続けると、猫は、もしかすると赤ちゃんのお兄ちゃん、お姉ちゃんの気持ちを代弁しているのではないか?
    と思えてきました。
    猫に語らせることにより、気持ちの部分だけを、鮮明に描写する効果を狙った気がするのです。

    最後は、以下の文で結んでいます。
    「だけど だけどさ
    わたし まってるから
    あとでで いいから 

    ねぇ おかあさん おかあさん
    ときどき わたしも だっこして

    すこしで いいから
    だっこして」
    心の琴線に触れる言葉です。

    きっと、遠慮がちなお兄ちゃん、お姉ちゃんが思っているであろう気持ちは、両親として気をつけないとならないこと。

    下のお子さんが生まれた頃に、読み聞かせをすると、親子で素直に感じることが出来る絵本としてオススメします。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • カミサンの耳もダンボになる絵本

    赤ちゃんがうちにきてから、
    お母さんにかまってもらえる機会が激減したねこちゃん。
    そんな本当は甘えたいねこの視点でお母さんと赤ちゃんが描かれています。
    お兄ちゃんやお姉ちゃんは、
    まさにこの絵本のねこちゃんの気持ちなんだろうな。
    娘に読み聞かせしていると
    思わずカミサンの耳もダンボになってくる絵本。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 抱っこしてあげたくなります

    育児に疲れて、子供たちに怒ってばかりだったので、ちょっと優しくなりたいなあと思い借りました。借りて良かった!この絵本は猫の目線で描かれているんですが、赤ちゃんを抱っこしてるお母さんに対する気持ちが描かれています。今まで兄姉目線のものはあっても、ペット目線というのは珍しいのではないでしょうか。この絵本を読んだ後、子供たちをぎゅっと抱っこしました。私自身癒されました。イライラした時に私が読むべき絵本かもしれません。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこの視点で

    4歳2ヶ月の息子に読んでやりました。抱っこしてほしいのは猫。人間ではありません。だから、ストーリーは猫の視点から書かれています。珍しい切り口ですが、こんなに猫って人間のようにやきもちをやくのかなーとちょっと思いましたね。まるで下の子が生まれた上の子のような感じ。置き換えているくらい、人間の感情や行動ばかり。ちょっとそこが怪しい、無理やりそういうふうにしているような気がしましたが、まあそこは赤ちゃんが生まれた家のお兄ちゃんやお姉ちゃんに読んであげると、逆にすんなりと聞いてくれるかもしれませんね。猫のお話だからと切り返せるから・・・。珍しいタイプの本です。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねえだっこして」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / コブタの気持ちもわかってよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(79人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット