十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ねえだっこして」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねえだっこして 作:竹下 文子
絵:田中 清代
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784323070407
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,177
みんなの声 総数 79
「ねえだっこして」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほんとの気持ち

    読後に思ったのは、きっと兄弟がいて下が小さいうちは上の子は
    皆こんな気持ちになるんでしょうね。
    私自身がそうでしたから。

    赤ちゃんがいるから仕方ないとわかっている部分や
    それでも、甘えたいと思っている気持ち。

    それを猫に置き換えて描いているのが最大の子どもへの配慮だと感心しました。

    そのまま子ども同士の兄弟を描いてあったら
    自分のことをまるまる描かれているようで少し恥ずかしい気持ちが芽生えそうですもの。

    そしてなにより、田中さんの絵。
    温かみのある人間と動物の姿。
    そっと静かに染み入ってくる絵本です。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • お母さんに

    お母さんの膝の上は、世界一素敵な場所。
    それなのに赤ちゃんが生まれてからは、膝の上にはいつも赤ちゃんが…。

    猫の目を通して、お兄ちゃんやお姉ちゃんになった上の子の気持ちが語られています。

    もう大きいんだから赤ちゃんに貸してあげる。
    でも、やっぱりお母さんに抱っこしてして欲しい。

    後ででいいから時々わたしも抱っこして…。
    なんて健気なんでしょう。

    私も娘に寂しい思いをさせてしまっているんだろうな。
    「ちょっとまってね」、「あとでね」という言葉をついつい使ってしまいます。
    娘にもまだまだいっぱい抱っこしてあげようと思います。

    特に下の子がが生まれたお母さんにおすすめです。

    掲載日:2008/06/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねえだっこして」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / コブタの気持ちもわかってよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(79人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット