なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ねえだっこして」 大人が読んだ みんなの声

ねえだっこして 作:竹下 文子
絵:田中 清代
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784323070407
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,176
みんなの声 総数 79
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ネコの視点

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    お母さんのおひざの上は世界一素敵な場所。
    そんなテーマがストレートに伝わってくる作品ですが、
    視点は、なんと、赤ちゃんにお母さんのおひざをとられたネコなのです。
    その姿は、まるで人間のお兄ちゃん・お姉ちゃんにそっくり。
    赤ちゃんに嫉妬しながらも、自分は大きいんだから、と見栄を張るところも。
    でもね、「まってるから、あとででいいから、少しでいいからだっこして。」
    のセリフがジーンときますね。
    うちも経験があるだけに、心に沁みました。
    ラストでは、無事願いが成就!
    その幸せな笑顔が何ともいえません。
    赤ちゃんに振り回されて、上の子の相手がおろそかになった時、
    そっと読んであげてもいいかもしれません。
    ネコを飼っているご家庭でも起こりうるシチュエーション。
    ネコを題材にした作品も見受けられる作者だけに、実体験があるのかもしれませんね。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    3
  • 猫のお姉さん(?)の嫉妬も可愛い。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    可愛いぃ〜!!
    生まれてきた赤ちゃんに“上の子”が嫉妬するお話はいくつも読んできましたが、飼い猫が嫉妬するお話は初めて出会いました!

    しかもこの絵本に登場する子猫は、妙にお姉さんぶっていて(オスかメスか書いてありませんでしたが、絶対この子は女の子だと思います)ちょっとプライドが高くて、めちゃめちゃ可愛かったです。
    嫉妬しつつも赤ちゃんのにおいをかいでいるシーンと、なんだかんだ文句を言いつつ手の空いたお母さんの足にじゃれ付いて、頭をこすり付けているシーンが、特にほほえましく思えました。

    竹下さんの文章は、本当にこういうところの表現が素敵です。そしてイラストを担当された田中清代さんの猫の表情、とっても素敵でした。

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • とってもおすすめです♪

    かわいいねこちゃんが主役の
    お話です。
    飼い主のおかあさんに,赤ちゃんが産まれて
    おひざがとられてしまったお話なのですが,
    ねこ目線でお話が描かれていて,
    すごく新鮮なんです。

    一生懸命おかあさんのあとをついていくのですが,
    あかちゃんがいつもおかあさんの
    おひざの上にいます。

    でもがまんしているねこちゃんの姿が
    かわいくて,抱きしめたくなってしまう
    感じです♪

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねこのきもちがいじらしい

    赤ちゃんが生まれて だっこしてもらえない ねこの気持ち   
    いじらしく うまく描かれていて
    こんな事は お兄ちゃん お姉ちゃんになった子ども達の気持ちと同じですね
    「あとでね」お母さんに言われて じっと我慢しているねこ
    人間の子だったら 違う表現するかもね

    お母さんにだっこされている 赤ちゃんの 安心しきった顔
    次におおきなねこ インパクトあります
    あかちゃんが ミルクもらってるとき  ねこは 自分の方が 顔も洗えるし自分で食べられる  ちゃんと プライドがあって ねこの気持ちが うまく表現されています
    そして ずっと我慢していたけれど お母さんは ちゃんと ねこを だっこしてくれました
    その幸せな気持ちが 伝わってきます   ジーン

    お兄ちゃん お姉ちゃんになった子どもによんであげたいステキな絵本ですね

    掲載日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫のせつない気持ち

    猫が主人公でママの膝を赤ちゃんにとられてやきもち焼いているのが可愛いです。「赤ちゃんなんて何もできない」って冷静に見てるのが面白い!
    猫のひょうひょうとした感じと甘えたい感じが絶妙に描かれていて、最後のちょっとでもいいからだっこしてほしいという気持ちにぐっときます!
    ほんとに素晴らしい絵本だと思います。

    掲載日:2016/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姉ちゃん・お兄ちゃん「あるある」

    • 月処さん
    • 20代
    • その他の方
    • 兵庫県

    母親が歳の離れた妹をつれておもちゃ屋に行った後
    なぜか成人した私にすすめてきたのがこの絵本でした
    母親は一人っ子でこういう「とられる」感覚がぴんとこず
    私は長女で一番上なのでもはやおなじみとなった感覚で
    読み終わった時に思わず泣いてしまいました
    猫を通じて語られる「さみしくていじけてしまう」感覚は
    きっと弟妹を持つお兄ちゃんやお姉ちゃんなら誰しもが経験あるものだと思います
    絵が可愛らしく文字がすくなめですので
    妹や弟が生まれたばかりのお兄ちゃんお姉ちゃんになるお子様へおすすめです

    ちなみに絵に描かれているような白黒の猫が我が家にはおりますが
    本当に猫もこういった焼きもちをやきかたをするので(後輩猫に嫉妬します)
    猫がいてお子様が生まれる大人の方に贈っても喜ばれるかと思います

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の気持ちが伝わってくる

    弟や妹が出来たとき、きっと子どもはこんな気持ちになるんだろうなぁ…と思いながら読みました。
    自分が大きいから我慢しなきゃいけないという気持ちと、お母さんに甘えたいという気持ちで、いつも葛藤しているんだと思います。
    保育園でも、クラスに新しい子どもが入ってきたとき、新しい子どもにばかり目がいってしまうことがあります。
    自分への戒めにもなる絵本でした。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の話だったんですね

    お母さんに抱かれている赤ちゃんを見つめて、どこか寂しそうな猫。
    この絵本を見ていると、猫と赤ちゃんが兄弟のようです。
    ペットも家族なんですね。
    田中清代さんの絵が清々しい日常を気持ちよく描いていると思います。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい本なんだろうけど…

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子1歳、女の子0歳、

    産後1ヶ月の時読みました。
    辛口かもしれませんが評価がいいとされてる程の感動はなかったです。

    きっと感動的な本なんだと思いますが、表紙を開いてすぐ(帯の折り返し部分)に、本の内容が書かれていたので感動すべきところでできませんでした。ちょっと残念。書かない方がいいと思う…のは私だけでしょうか。

    でも、本のメッセージは伝わりました。
    読んだ後、兄ちゃんになったばかりの息子を久々にゆっくり抱っこした時の嬉しそうな顔を見て、この本を読んでよかったと思いました。

    掲載日:2012/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬくもり

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    うわ、泣きそう・・・。
    「幸せの絵本 家族の絆編」で紹介されていて、
    こういう作品かな、と知っていたにも関わらず、
    お母さんに抱かれた猫と、お父さんに高い高いをしてもらっている赤ちゃんが描かれた、
    ラストのあまりに幸せな風景に、思わず涙が。

    「あとででいいから、少しでいいからだっこして。」
    赤ちゃんが生まれて、お母さんにあまりだっこしてもらえなくなったのは
    ペットの猫の「わたし」。
    彼女のお母さんへの切ない胸の内が語られるおはなしです。

    田中絹代さんの絵に圧倒されました。
    まっすぐにお母さんをみつめる猫の瞳
    甘い匂いが漂っているような、むちむちの赤ちゃん、
    ぬくもりを感じるお母さんの膝・・・そう、世界一素敵な場所。
    人間のお兄ちゃんやお姉ちゃんじゃなく猫が主人公だったからこそ
    大人の私も、どっぷりと入り込んでしまったような気がします。

    下に赤ちゃんが生まれた、小さなお兄ちゃんやお姉ちゃんがいるご家庭には
    もちろんですが、
    原風景のような、懐かしいぬくもりには、誰もがぎゅっと心を掴まれそうな、
    そんな気がして、どなたにもおすすめです。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねえだっこして」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / コブタの気持ちもわかってよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(79人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット