なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ねえ、どれがいい?」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねえ、どれがいい? 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784566001985
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,662
みんなの声 総数 141
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • みんなでわいわい

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ねえ?どれがいい?と問いかけられて、読者は3〜4個の答えから選びます。参加型の絵本だと思います。一人で読むよりたくさんの人数で読んだ方が盛り上がります。
    文章は短いのですが、これがいいあれがいいと親子で話しながら進めるので、なかなか終わりません(笑)。けっこうどの選択肢も嫌だったりするんですよね・・・。ブタに服を着られたり、ワシにごはんとられたり・・・。
    楽しい選択肢だらけのバージョンも見てみたいですね。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • う〜ん、迷う〜

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    ほんわかした絵にだまされてはいけませんよ。ここに出てくるのはどれも究極の選択に近い・・・。

    どれも迷っていましたが、ここで色々考えるのも想像力を養うのにいいのかもしれません。
    親子で、お友達と、あれこれワイワイ言い合うのも楽しそうです。

    「迷子になるなら?」の質問に、娘の回答は「人ごみ」でした。
    「どうして?」「だって迷子になっちゃったから助けてくださいって言えるから」・・・うん、そうだね。よくできました。

    掲載日:2013/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 究極の選択

    最初、図書館で借りて読みました。
    子どもたちは「どっちもいやだー」「まだこっちのほうがいいかなぁ」と言いながら、1ページずつで、ものすごい盛り上がりでした。
    そういえば、私も小中学生のころ、友達と「○○と□□ならどっちがいい?」と言いながら盛り上がった覚えがあります。
    今でも、女子会では「どっちがいい?」の話題で盛り上がることがよくあります。
    どっちの選択肢も、実際にはありえないけど、本当にそうなったらいやだーという選択肢だからこそおもしろいですよね。
    一家に一冊あると、盛り上がりそうです。

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 究極の選択

    まさかこんなに面白い本だとは思わずに借りてきました。
    5歳の息子も大盛り上がり。
    夫も巻き込んで家族全員で悩みました!

    もう本当にその質問たるや!
    どれもこれも究極なんですよ〜
    正直どれも嫌だ〜と思うものやどれも面白そう〜と思うものも。

    この絵本なら、あまり読み聞かせに慣れていないお子様でも
    喜んで聞いてくれそうです。
    文字数も少なく内容も簡単なので
    もう少し小さいお子様でも理解できるのではないでしょうか。
    とても面白くて対話の増える1冊です。

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • どれもやだーーー

    おかあさんがきっさてんでどなるの と
    おとうさんが学校でおどるの    どっちがいや?

    「どっちもやだーーー!」
    といいながら、結局どっちかを選ぶ子供たち。
    1年生で、なかなか学校で発表ができない子もきちんと意思表示ができます。

    おいかけられるなら、
    かに、うし、ライオン、おおかみ どれがいい?
    なんて質問も大騒ぎ!
    また、
    手伝うならどれ?
    魔女のスープ作り、まもののいたずら、サンタクロースのプレゼント配り…
    など、子供が好きなわくわくするのもあります。
    たくさん子供と話しながら進んでいくので、とってもおすすめです。
    家で読んだら、もっと親子の会話がたくさんになると思います。
    また、みんなで楽しみたいです。
    そして、あと何冊も続編がほしい!!

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相談、討論、盛り上がる!!

    これは面白い!
    とっても選びにくい嫌な感じの出来事から、「どれがいい?」と選ばされます。

    親子で、相談したり討論したり、楽しくページをめくれます。
    「え〜、全部やだぁ〜」と笑う息子に、
    「おかあさんはコレだなぁ〜」なんて話していると、自然にニコニコしてきちゃいます。

    普段は遠巻きに見ているだけのパパも思わず参加してきちゃいました。

    ウチは、まだ下の子が赤ちゃんなので無理ですが、
    兄弟の読み聞かせにもぴったりじゃないかと思います。
    読み聞かせ会などでもきっとウケルと思います。
    もし読み聞かせを頼まれたら、この本を持っていこう・・・とひそかに心に決めています!

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶対にありえない究極の選択

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    い俵万智さんの『かーかん はあい』に紹介されていて、
    是非息子と読んでみたいと思い、
    図書館から借りてきました。

    も〜絶対ありえない!という4択を出され、
    非常に苦難します。

    どれも絶対にイヤなんだけど、
    その中からなんとかマシだと思われるものを、
    苦渋の選択。

    だけどとっても楽しくて、
    息子と、さらに主人まで巻き込んで、
    大いに盛り上がりました。

    盛り上がるコツとしては、必ず理由を聞くことです。
    5歳になりに大人のこちらが唸ってしまうほどの
    納得の理由が出てきたりなんかして、
    子供の頭の柔らかさを改めて実感させられました!

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 選べない;

    究極の選択、子供版といった感じのこの本ですが大人でも選択に困るものばかりです。

    5歳の子供が本気で悩んで選ぶものだからこちらも本気で選んでしまいました。

    豚に服を着られたり、ゾウにお風呂のお湯を飲まれたり、へびにまかれたり、本当にいろいろあって楽しかったです。

    最後がホッとする終わり方です。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 究極の選択?

    子どもと一緒に楽しめる本です。
    ジャムまみれと、水びたしと、ドロだらけとどれがいい?
    そんな質問に対して、
    「う〜ん、だったらジャムだらけがいいな。きっとなめたら甘いから。」
    なんて二人で考えるのが楽しいです。
    でも、
    「全部やだよぉ〜」
    って質問が多くて、究極の選択を迫られます(笑)

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に楽しめる本

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    「もしもだよ、」から始まるこの本。
    「どれなら食べられる?」「クモのシチュー・かたつみりのおだんご・虫のおかゆ・蛇のジュース」
    なーんて具合に自分たちで選んで楽しめる本なのです。

    我が家は娘と息子は二人してどんな質問も時間をかけて
    どれにしようか相当悩んで決めていました。(笑)
    どんな質問も面白い出題・一緒になってどれにしようかな??
    って考えたり親子揃って楽しめました。

    幼稚園の小さな子でも
    また小学校の大きな子でも
    自分で選んで考えるのってとっても楽しいと思いますよ。

    我が家では選んだらどうしてそれを選んだのかを聞きました。
    子どもらしいまた思ってもいないような理由があって
    私の方がたのしんでいたかもしれません(笑)

    掲載日:2010/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねえ、どれがいい?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット