大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ねえ、どれがいい?」 大人が読んだ みんなの声

ねえ、どれがいい? 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784566001985
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,664
みんなの声 総数 141
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本ならではの楽しさ満載

    久々に読んだら、やっぱりおもしろかったです!
    大人でも、つい考えてしまいます。「どっちがいいか」いや、「どっちもいやだ」とか(笑) 子どもの時に、この絵本に出会えなかったのがくやしいところです。子ども時代なら、さらに楽しめそうですから。
    こんなことを考えられるバーニンガムって、どんな人なんだろうと興味がわきました。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい!

    ねえ、どれがいい?
    そのタイトルどおり、究極の選択が描かれていて、真剣にどれがいいか悩んでしまいます(笑)
    選択肢を選ぶために、絵本の中のありえない状況を想像するから楽しいです。
    親子で盛り上がれる絵本だと思います。
    これは買って良かったと思える絵本の1冊です。

    掲載日:2016/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 究極の選択

    レビューがなかなか面白そうだったので読んでみました。
    期待を裏切らない面白い一冊でした。
    しかもどれもこれもが、究極の選択で、どれを選んでいいか迷ってしまう。
    娘は1歳でまだわからないようなので、5歳の甥っ子と今度楽しむ予定です。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本はおもしろい
    もしもだよ きみんちの まわりが かわるとしたら
    大水と 大雪と ジャングルと
    ねえ、どれがいい?
    そう聞かれて 真剣に考えました  大雪 でも ジャングルもおもしろそうかな?
    いろんな場面に遭遇したとき 何を選択するか その選択しで人生が変わるように思えました

    しかし 次々にでてくる 選択し おもしろくて 想像力を働かせてしまいます
    子供たちに読んであげていろいろ選択してもらったらいろんな答えが出てきそうでおもしろそう

    人間観が出そう

    それにしても 作者は想像力の豊かな柔軟な頭の持ち主ですね
    絵もおもしろいし  楽しめました

    お奨めです!

    貴方の選択を試してみてください!

    掲載日:2012/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悩みます

    こちらのレビューを見て、新版と旧版があることを知りました。

    購入したかったので、図書館で両方借りてきました。
    う〜ん、悩みます。。。

    旧版は旧版なりの味があり、新版は今どきって感じでいいな〜と。

    子供は、この究極の選択をとっても楽しんでいました。
    パパも参加して、家族で楽しめる参加型の絵本ですね!!
    やっぱり1家に1冊ですね。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新版は・・・

    この本は、最高にすばらしい
    一家に一冊の本です。

    先日、
    新版がでたことを知り、
    あまりに
    旧版とかわっていることに驚きました。

    絵本仲間のお友だちと見つけた
    新旧の違いを紹介します。

    表紙は
    原書に近づいたのかな。
    以前より
    全般に色が濃くなって、
    明るくなったような気がします。

    また、
    紙質も変わりました。
    新しいほうはツルツルしたかんじ。

    そして、
    日本語訳がすごく変わっていました。

    字体は丸い字体になり、
    太字、カタカナを多用!

    言い回しもすごくかわっています。
    以前は、トランペットなどの音が
    かかれていなかったのに、
    「プップー」と音がかかれてる。
    「小人」→「ノーム」とかわっていました。

    あと、
    気になったのは、
    最後のページで
    「それともさ」のところが
    「そんなことより」の言葉。

    日本語訳の違いで本が
    こんなに変わるなんて!と
    驚きました。

    ぜひ、読み比べてみてください。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力が膨らむ膨らむ

    絵が可愛いのと、どれがいい?っていう質問の内容が可愛くて購入しました。
    子供の頃はあれやこれやと想像を膨らませたりして遊んだものです。
    この本は子供の想像力を膨らませるのに良い影響を与えてくれえるのかなと思うし、「これが良い」「これとこれが良い」「全部いや」などなど、自分で選択するという練習にもなるのかな〜と思います。
    将来子供が出来たら、自分たちで「ねえ、どれがいい?ごっこ」をして遊びたいですね。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わず感謝。

    真剣に考えてしまって うわーっとなってしまう質問や
    楽しく選べる質問など大人でも十分楽しいです。
    寝る前にこんな質問をされたら興奮して眠れないかもしれません。
    こんな究極の質問に答える必要もなく暖かいベッドで眠れることに
    思わず感謝してしまいました。
    もしかして それが狙いかな?

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョン・バーニンガムさん

    ジョンバーニンガムさんの作品を以前にも読んだ事があり素敵だったのでこの絵本を選びました。”ねえ、どれがいい?”の選択肢が色々あるのが楽しかったです。想像力を駆使した選択肢の数々にとてもセンスを感じました。主人公ならではの発想が楽しかったです。このように選択肢を設けてくれると選びやすく選ぶ楽しみも感じる事が出来ました。絵も柔らかくて光に満ち溢れているのが良いと思いました。こんな沢山の楽しい事を考えられる主人公は素敵だと思いました。

    掲載日:2008/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 答えに困る?!

    なかなか答えがすぐに出ずに考えてしまいました。
    色のは配色が良く素敵な絵が気に入りました。
    ”きみんちのまわりがかわるとしたら?”という問いかけに“大雪”と答える場面が特に好きです。(大雪になったら孫と雪遊びをしたいからです!)
    ”どれをてつだう?”のサンタクロースのプレゼント配りが是非やってみたいと思いました。(夢があって素敵!)
    最後の“本当は自分のベットで眠りたい”の一言には私と一緒の答えだった主人公に嬉しくなってしまいました。ホッとしました。

    掲載日:2008/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねえ、どれがいい?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット