だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

しょうぼうていハーヴィ ニューヨークをまもる」 大人が読んだ みんなの声

しょうぼうていハーヴィ ニューヨークをまもる 作・絵:マイラ・カルマン
訳:矢野顕子
出版社:リトル・ドッグ・プレス
本体価格:\1,800+税
発行日:2004年
ISBN:9784901846004
評価スコア 4.1
評価ランキング 17,808
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人の歴史を考えさせられます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    日刊イトイ新聞に、この絵本の翻訳のエピソードが詳しく掲載されています。
    訳は、矢野顕子さんです。
    リトル・ドッグ・プレスの大泉有紀さんが訳をどうしても矢野さんにお願いをしたいと思った時の背景がわかりますが、奥の深いエピソードに感銘してしまいました。
    確かに、この絵本の舞台のニューヨークのその時に、在住していた矢野さんでなければ、この訳には辿りつかなかったと言えるかも知れません。

    お話しは、9.11に引退していた消防艇ハーヴィが活躍するという実話に基づいています。
    でも、9.11は決してメインのお話ではなくて、消防艇ハーヴィの軌跡とまわりの人間模様を描いた作品です。
    人の歴史を考えさせられることは間違いないと思います。

    そして、絵の迫力は凄いものがあります。
    特に、9.11のその瞬間と消防活動の頁は、見る者を圧倒する力が漲っていると思います。

    まさに大人の絵本と呼ぶに相応しい一冊です。
    ニューヨークに行ったら是非消防艇ハーヴィを見てみたくなりました。

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しょうぼうていハーヴィ ニューヨークをまもる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / みんなうんち / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり / そらまめくんのベッド / てぶくろ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット