大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ちゃんがら町」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ちゃんがら町 作・絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784265035007
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,239
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 違う世界へワープできちゃう駄菓子屋さん

     先日NHKの『てれび絵本』で放映されていて、懐かしくなり借りてきました。
     
     学校帰りに、ランドセルを背負ったままの子どもたちが集まる駄菓子屋さんの「よもだや」。
     お店の中の様子の懐かしいことったらありません。
     
     店の天井にぶら下がっている大きなスズをよもだバアが「チャンガラ〜チャンガラ〜チャンガラ〜」と鳴らし、「ほ〜れ いってこ〜い」というと、・・・。
     地面が少しだけぐらり。
     子どもたちは、店の外へと飛び出すと、そこは“ちゃんがら町”。
     
     違う世界へワープできちゃう駄菓子屋さん。
     なんて魅力的なんでしょう。
     そしてこの“ちゃんがら町”の子どもたちと遊べるなんて。

     子どもたちの探検欲をそそるような自然にあふれた遊び場所。
     ちゃんがら神社・河童洞・山の奥深いところにありそうな秘密基地等々。
     子どもたちの腕白ぶりをめいっぱい発揮できそうな楽しい世界。
     大人の方が読むとどこか懐かしく、今の子どもたちが読めば夢のような世界に思えることでしょう。

     それにしても、扉絵の前からお話が始まる構成と良い、各見開きいっぱいに奥行きのある素晴らしい不思議な世界を描かれる山本先生の素敵な絵。
     絵本の世界へ、子どもたちは連れて行かれしっかり一緒に探検を満喫できる作品です。
     久々に読んだ息子は、「よもだバアって、帽子のかぶり方とか耳の位置から言って、ちゃんがら町のばあちゃんかもね〜」って笑っていました。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちゃんがら町」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / きょだいな きょだいな / ともだちや

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット