なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

とっときのとっかえっこ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

とっときのとっかえっこ 作:サリー・ウィットマン
絵:カレン・ガンダーシーマー
訳:谷川 俊太郎
出版社:童話館出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784924938342
評価スコア 4.83
評価ランキング 147
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもと老人はステキなパートナー

    • ことことりさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    ステキな本です。
    3歳だったときに娘がはまりました。
    いつも同じ場面で、あたたかい涙がポロリとこぼれてしまいます。

    高齢化が進み、少子化が進む日本で、なぜ、それが社会悪なのか、きづかせてくれる本です。
    子どもと老人、やがて立場が逆になったとき、あたたかい関わりがはぐくむのは、友情。
    大人と子どもの縦社会なんて、かけらもない。
    できることを補い合うパートナーとして、欠かせない子どもと老人。
    そんなペアリングが可能になるには、日本には子どもが少なすぎます。日本には偉そうな老人が多すぎます。

    子どものときから、一緒にこの本を読める「大人」がそばにいてくれたなら、その子の育ちは、それだけで十分保障されます。


    おじいちゃんおばあちゃんを大切にする子に育ってほしい子どもにも、
    子どもに寄り添う方法を模索する大人にも、
    子どもと関わりたい気持ちを持つ老人にも、
    そんな気持ちなどまったくない、誰かれにでもプレゼントしたい本です。

    掲載日:2009/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とっときのとっかえっこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット