こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 

とっときのとっかえっこ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

とっときのとっかえっこ 作:サリー・ウィットマン
絵:カレン・ガンダーシーマー
訳:谷川 俊太郎
出版社:童話館出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784924938342
評価スコア 4.84
評価ランキング 116
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 育つものと老いるものと

    おじいさんのバーソロミューと赤ちゃんのネリーは、家族ではないのにとても仲が良いのです。
    ベビーカーに乗って散歩する頃から、つかまり立ち、ヨチヨチ歩き…。
    バーソロミューが温かくネリーと接している事柄が、介護の原点としてとらえられるのですね。
    やがてバーソロミューが老いて、ネリーにしてあげた事を自分がされるようになります。
    とっときのとっかえっこですね。
    でも、幼い頃に、お世話になった事を、ネリーが忘れずにいるから出来ることでしょう。
    育ちかたって大事ですね。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深くて切なくて心温まるお話

    とっときのとっかえっこ。
    最初はこのタイトルはなんだろうなと思ったけど、半分くらい読むとわかります。
    老いていくおじいさんと、お隣の女の子との心の交流です。
    しずかに、しずかに、ひと言一言を大切に読みたい絵本です。
    深くてせつなくて心温まるお話です。

    掲載日:2014/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きくなったね

     子どもは、日々大きくなり、いろんなことができるようになる。その一方で、大人は歳を重ねるごとに、できなくなることも増えてくる。・・・
    なんだかちょっと寂しいけれど、歳をとってなお失わないもの、そして、新たに得られる喜びもまた多々あることを、この絵本が静かに語ってくれます。

     娘は、ネリーに自分を重ねながら、くすくす笑って聞いています。自分がこんなに大きくなって、人のためにいっぱい役に立つことができるようになったことも、誰かを深く思いやることができるようになったことにも、純粋な誇らしさを感じているかのように、「私、すごいでしょ!」という瞳で見入っている娘の横顔が印象に残りました。

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とっときのとっかえっこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



しあわせいっぱい赤ちゃん絵本『ばあ〜っ!』石津ちひろさんインタビュー

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット