おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ぽぱーぺぽぴぱっぷ」 大人が読んだ みんなの声

ぽぱーぺぽぴぱっぷ 作:谷川 俊太郎
絵:おかざき けんじろう
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784861011382
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,094
みんなの声 総数 49
「ぽぱーぺぽぴぱっぷ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぱぴぷぺぽ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    なんだかふしぎな絵本ですね。
    なにか意味があるのでしょうか?読み手次第?
    大人が読むとついつい意味を考えてしまいますが。子供にはどうとらえられるのかな?
    ぱぴぷぺぽですすむ絵本。
    カラフルな絵ですし、声に出して読んだほうが楽しいでしょうね。幼いこどもが楽しんでくれそうです。

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぱ行で会話?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    おかざきけんじろうさんの、丸を基調とした不思議な絵に、
    谷川俊太郎さんがぱ行で言葉を添えます。
    なるほど、音読するとまるで電子音のようですね。
    昨今、メールでしか会話できないことが、問題視されていますが、
    そんな様子を作品にしたような印象も受けました。
    正直、音読はかなり難しいです。
    でも、だんだん楽しくなってきますね。
    不思議に、会話しているような感じになってくるから、
    言葉の響きって不思議ですね。
    宇宙人と交信しているようにも感じました。
    色調も優しいし、案外赤ちゃんから大丈夫のような気もしますね。

    掲載日:2010/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 谷川俊太郎さん

    谷川俊太郎さんの作品だったのでこの絵本を選びました。”ぱぴぷぺぽ”の音が頻繁に登場する楽しい音の絵本でした。音の楽しさを知り尽くしている谷川俊太郎さんだからこそ出来あがった絵本だと思いました。絵もポップで色々な物が登場し細部までじーっと眺めたくなる絵本でした。色鮮やかなのも素敵だと思いました。音と色が自然に目に飛び込んでくる絵本でした。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぽぱーぺぽぴぱっぷ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

めっきらもっきらどおんどん / おでかけのまえに / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / あおくんときいろちゃん / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット