ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

パンやのくまさん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

パンやのくまさん 作:フィービー・ウォージントン セルビ・ウォージントン
絵:フィービー・ウォージントン セルビ・ウォージントン
訳:間崎 ルリ子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1987年5月30日
ISBN:9784834002126
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,209
みんなの声 総数 104
「パンやのくまさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 優しい気分に

    教訓じみたものがなく、これぞ本を楽しめる作品です。くまさんの1日の仕事がわかります。普通のきちんとした生活でおもしろさはないのですが、それがこどもが安心して楽しめるポイントなんだと思います。毎日お仕事をしてごはんを食べて人とのつながりを大切にして・・普通の生活が幸せなんだと気分が優しくなる絵本です。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルで愛らしい

    3歳の娘と読みました。
    パン屋で働くくまさんの一日を丁寧に描いています。
    お話は淡々としていますが、くまさんが仕事のひとつひとつを大切にしているのが伝わってきて、読み終えた後は静かであたたかな充実感があります。
    こんなふうに毎日のささいな仕事や家事にも心をかけられたら、素敵な一日になるでしょうね。
    娘は細かいところまで丁寧に描かれた絵が気になるようで、毎回どこに何があるか集中して見ています。
    華やかではないけれど、ずっと手元に置いておきたくなる素朴で愛らしい絵本でした。

    掲載日:2013/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもわかりやすい絵本です

    パンやのくまさんの朝起きてから夜眠るまでを描いた絵本です。
    くまさんの一日の様子が淡々と描かれています。
    絵では車も描かれているので男の子でも食いつき十分です。

    ちょうどプレ幼稚園に通うことになった息子は、このくまさんを自分と照らし合わせているみたいです。
    「ぼくは朝起きて幼稚園へいくね、くまさんは起きたらパン屋さんだね」といった感じでこの本がお気に入りです。

    お金の描写もあるのでお金に興味を持ち始めた子にもお薦めです。

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働き者だ

     なぜか、息子はこの本が気に入って、2歳ころから何度も。
    お店、というのが楽しいのかな。
    パンやのくまさんが、朝早くから生地を捏ねて、パンやケーキを焼いて、
    移動販売して、配達もして、店売りもして、売り上げ計算もして、
    くったりして寝る一日の物語。
    生地を捏ねる音や、ベルを鳴らしてお客さんを集める音、
    お金を数える声なんかが、楽しいみたい。
     

    このくまの他の職業本も一通り読んだけど、
    ちょっと働きすぎですよ、くまさん。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一日の終わりにぴったりです

    スリルも感動もない、パンやのくまさんのごくごく日常を
    朝から眠りにつくその時までをかわいらしい、絵で描いている、ただそれだけだけど、だからこそ、一日のしめくくりにはぴったり。一日が無事に平和に終わったことに、親子でありがたく思うことができるかも
    パンやケーキ、お菓子などの挿絵もしあわせ気分にさせてくれます。

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子は全員、好きでした。

    • JOYさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳

     パン屋のくまさんの一日が順番に語られていくお話です。途中、ハプニングが起きるわけでもなく、オチがあるわけでもなく…。話の単純さからして、小さい子供向けだと思いますが、「ほんしきのあさごはん」などは、少し言葉が難しいように思います。

     しかし、我が家の子どもたちは全員、この絵本が大好きでした。くまさんが一生懸命働いて、収入を得る、という真面目な暮らしぶりが、子どもたちに安心感を与えていたのでしょう。

     大人の目線では、くまさんって、家族はいないのかしら?私生活の匂いが全くしないけれど…。くまさんって、どんな気持ちなのかしら?と、色々なことを想像してしまいます。本当はとても奥の深い話なのかもしれません。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • はたらきもの

    くまさんシリーズの今回は
    『パンやさん』です。

    朝早くからパン屋で働く
    くまさんの1日のお話です。

    私達もよく近所のパン屋
    へ行くのでこの絵本は息子
    のお気に入りになりました。

    本当によく働くくまさん。
    息子も絵本を通して働く事
    の大切さ、大変さを知って
    いくと思います。

    くまさんシリーズは親子で
    大好きな絵本です。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンやさんのことがわかりやすい

    • パッソさん
    • 30代
    • ママ
    • 沖縄県
    • 男の子4歳、女の子0歳

    朝早くおきてパンをつくって販売して・・
    パン屋さんの一日が書いてあります
    うちの子はパンの生地をどさっどさっどさっとこねます
    のところが好きです
    家ではホームベーカリーでパンを焼くんですが
    この本を見て小さいパンを自分達で作ってみました
    パンやさんのようにはいかなかったけど
    自分で生地をこねて丸めてという作業が楽しかったみたいです
    時々一緒にパン屋さんごっこもして遊んでます

    掲載日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手元に置いておきたい

    絵といい大きさといい、本当に可愛らしく、手に取るだけで幸せな気持ちになります。
    以前、息子のお友達のお母さんに教えていただいて、一緒にパンを作ったことがありますので、
    くまさんがパンをこねる場面では、息子は大喜びでした。

    毎日食べるパンが、どうやってできるのか、
    パン屋さんは、毎日どんな仕事をしているのか、
    その一日を覗き見るような楽しさにあふれた本です。

    平凡な一日一日を、丁寧に過ごすことの大切さを教えてくれるようです。

    掲載日:2009/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • パン屋さんの1日

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    可愛いくまさんを通して、パン屋さんの1日がわかる絵本です。
    ひたすらパンを焼くだけでなく、お茶の時間や食事の時間もあって、とても楽しそうに働いているくまさんの姿は、とてものんびりとした感じでゆったりとした気分になれます。

    娘よりも先に眠りに付こうとするママに、「じゃぁ、お休み前の絵本、読んであげるね。」と娘が読んでくれた絵本でもあり、思い出の絵本になりそうです。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「パンやのくまさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / だるまさんが / こんとあき / うずらちゃんのかくれんぼ / ぱん だいすき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット