しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

チンチンでんしゃのはしるまち」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

チンチンでんしゃのはしるまち 作・絵:横溝 英一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2002年3月15日
ISBN:9784834018189
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,036
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 行ったことのある町。この町を歩いた。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    読み始めて最初の方は、東京のチンチン電車(都電)が舞台だと思ってました。
    でも、路線の周りの風景に山はあるし、交差するチンチン電車がやけに多いなぁなんて思いながら読んでいたら、なんと舞台は長崎!!

    我が家は、2年ほど前に家族旅行で長崎に行ったばかり!
    よくよく何度も見てみれば、見覚えのある街並みもあるじゃありませんか!
    確かに、長崎の街中はたくさんのチンチン電車が走っていて、
    すごく便がいいので、地元の人はもちろん、観光客もかなりの数の人が普通に利用していて、いろんなところに停留所があったっけ…。
    この絵本を読んでいたら、そんなことを思い出しました。(乗車切符も安かった)

    横溝さんの乗り物系の絵本は前から気になっていたのですが、改めて読んだのは最近です。
    たくさんの乗り物好きなお子さんたちから人気があるのがわかった気がしました。
    乗り物とか、町の風景とか、ものすごく丁寧で分かりやすく描かれてあるんです。
    例えば、この絵本でいえば
    「えきまえの ていりゅうじょに、れっしゃからおりた
     つうきんや つうがくの ひとたちが やってきました。……」
    のページの絵、これは《長崎駅》前ですよね?きっと!
    この絵本の中の世界を歩いたことがあるんだと思うと、ワクワクしてきて、何度も読み返してして、子どもたちにも無理やり読み聞かせてしまいました。

    掲載日:2011/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「チンチンでんしゃのはしるまち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ダイズマンとコメリーヌ』 <br>中川ひろたかさんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット