庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

しにがみさん」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

しにがみさん 作・絵:野村 たかあき
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年03月05日
ISBN:9784774606132
評価スコア 4.76
評価ランキング 596
みんなの声 総数 36
「しにがみさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 圧巻

    江戸落語の絵本化ですが
    なにげに深い話です。

    「しにがみ」という言葉と
    表紙が示すように、ろうそくが象徴的な一冊です。
    人の心の浅ましい部分
    (でも人間として理解できないわけじゃない・・)が
    うまく描かれていて
    読み応えがあるし
    聞き応えもある一冊だと思います。

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • ろうそく置場のシーンが好きです。

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    落語「死神」を絵本にしたもの。
    江戸っ子の粋な語り口調が 読んでいて楽しい一冊です。

    お金に困った男が、死神が見えるようになりました。
    そこで、医者の看板をかかげ、儲ける様になりますが、豪遊してまたしても貧乏に・・・。
    また 医者を始めますが、今度はどうにも上手くいきません。
    そこで、死神を出し抜く うまい案を考えつきます・・・。

    「死神」の定義やら、「寿命の蝋燭」、男が考え出した死神を出し抜く方法、そして 思わず「あぁ!」と言ってしまいそうなラスト・・。
    これらのものを すんなり理解できる年齢は・・、10歳位からでしょうか。
    もちろん、もっと低年齢のお子さんにも読んであげられるとは思いますが、補足しながらになるんじゃないかなぁ。

    個人的には 死神に連れられてたどり着いた先にある、無数の蝋燭置場のシーンが好きです。
    そこだけでも ポスターにして飾りたいくらい。
    幻想的で圧倒されるシーンです。

    掲載日:2008/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しにがみさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット