ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

せかいで いちばん つよい国」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

せかいで いちばん つよい国 作・絵:デビッド・マッキー
訳:なかがわ ちひろ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784895726443
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,239
みんなの声 総数 47
「せかいで いちばん つよい国」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供は?

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    多くの国を征服した国がありました。
    たくさんの戦いをしました。
    残りひとつの小さな国を征服しにだいとうりょうは出発しました。
    でもその小さい国には軍隊がなかったのです。
    だから兵士たちは戦わずに小さい国の人々からのおもてなしを
    受けるのです。
    歌をうたったり美味しい料理を食べたりして穏やかに過ごすのです。
    そして大きな国は小さな国も征服して国に帰っていきました。

    私はよみ終わって考えることが多すぎました。
    誰がなにを征服したのか?
    本当の征服とはなんのか?
    武力をもたない意味とか
    日本は今どうするのか?とか・・・
    何やら難しいようなことがたくさん頭をよぎりました。
    でも7歳の息子は
    そんな難しい感じの私に一言
    「小さい国が勝ってるってことだね」と言いました。

    そっかシンプルでいいんだと素直に思いました。
    子供の感じ方のシンプルさがかっこいいなと思いました。

    掲載日:2014/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読むたびに考える

    この作品は、今までに繰り返し読んでいます。
    読むたびに考えさせられたり、読み終わったときの感想が違っていたりと、私にとっては特別な絵本です。

    今回、7歳になった子供に、初めて読みました。
    「どうして戦争するの?」という疑問から始まっていましたが、理解してくれたかな。

    また、時間をおいて読んでみたいと思います。

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • どう読んでいいか分からない

    かわいいイラストに惹かれて、ウキウキと読み始めましたが、予想とは違う展開でした。正義と平和を押しつける大きな国家が、最後に侵略した小さい国にいつのまにやら影響されて、文化的には征服されてしまうというお話。アメリカの横暴をイギリス人が皮肉ったものに思えたのですが。
    我が家の子供たちには、まだその意味は分からず。「大きい国と小さい国、どちらが本当に強い国?」などという単純な絵本ではないので、正直まだこの絵本をどう読んでいいのか分かりません。時間をおいて、もう一度チャレンジしようと思います。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強いということは・・

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    かなり重い内容だったのに、読み終わった後は
    温かい気持ちになりました。

    前半の戦争で侵略をつづける王様も信念があるのだろうけど、
    侵略されなくても幸せだった国の人たちはどんな気持ちだったのか
    ということを考えさせてくれました。

    後半は戦わない本当のつよさを教えてくれました。

    今からの時代を考える良いきっかけになればいいな〜
    と、思う本でした。

    掲載日:2010/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の強さって・・

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    小1の息子が、題名とかわいい兵隊さんの絵に惹かれて借りてきました。
    かわいい絵に反して、重く深いテーマです。

    世界でいちばん強い国が、最後に残した征服しなかった小さな国。
    その小さな国は軍隊も持たない。兵隊たちもみな平和に暮らしてしまいます。
    そして帰ると、その国の料理・遊びをしている。

    さて、強い国はどっちだったのでしょう?侵略されたのはどっちだったのでしょう
    とても深いです。この深い内容を、軽く明るく説教臭くなくお話にしていてすごいと思います。
    力づくで侵略するだけが強いわけではない。真の平和へのメッセージがこめられた作品でした。

    小1の子がこのお話の意味をどこまで理解できたか、、わかりませんが
    大人としていい作品に出会えました。

    掲載日:2009/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せかいで いちばん つよい国」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット