すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

せかいで いちばん つよい国」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

せかいで いちばん つよい国 作・絵:デビッド・マッキー
訳:なかがわ ちひろ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784895726443
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,281
みんなの声 総数 49
「せかいで いちばん つよい国」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 平和は当たり前ではない

    • たぽたぁぽさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    日本に住む子どもたちにとって、
    いや大人にとっても、
    「平和」とは、空気のような存在だと思っているかも知れません。

    でも、みんながごはんを食べているときや、
    お友だちと一緒に遊んでいるその瞬間、
    戦争によって失われる命があることを感じてほしいと思います。

    平和は当たり前ではない。

    「どうしたら戦争がなくなるのかな?」

    未来を生きる子どもたちに、
    この絵本を伝えることで、
    自ら平和について考えるきっかけとなってほしいと思います。


    絵のタッチはとてもやわらかく、ユーモアにあふれているため、
    戦争について書かれていても、思い印象はありません。
    小学生1年生から中学生まで対応できる絵本だと思います。

    掲載日:2015/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戦争について考えてみよう

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    題名からも寓話的な展開が予感できます。
    世界中の人々を平和にするために世界中を征服する、というのが
    この大きな国の大統領の論。
    最後に征服しようとした小さな国は、兵隊もいなくて戦争もできず・・・。
    戦争物とはいえ、ほわあんとした展開です。
    でもなるほど、と思いました。
    その中で、たくさん考えるヒントがあるような気がします。
    この寓話からどんなことを感じ取るか、
    読後をどう深めていくかがポイントでしょうか。
    平和学習の導入にいいかもしれませんね。

    掲載日:2008/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せかいで いちばん つよい国」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / 綱渡りの男 / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット