おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?

かんがえるカエルくん」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

かんがえるカエルくん 作・絵:いわむら かずお
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年04月
ISBN:9784834013948
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,196
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 哲学絵本

    哲学絵本。絵本というかコマ割漫画のような構成。5歳の娘には難しい内容ですが、成長するにつれ少しずつ面白さがわかってくると思います。しかしながら、5歳児なりの読み方もあるようで、カエル君のまねをして爆笑しながら読んでいます。かなり楽しんでいました。

    哲学って、こういうところから始まっていったのかもしれない、こういう疑問にきちんと向き合っていくのが哲学なのかもと思えてきます。かわいらしい絵本なのに、とっても深い。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声に出して楽しみました

    • はともさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳

    娘は幼稚園に入った頃から黙読するようになり、
    絵本も声を出して読み上げることがほとんどなかったのですが…

    この本は違いました。
    隣の部屋から声が聞こえ、耳を澄ませると、本を読んでいたのです。
    マンガも声に出したりしなかったのに、この本の、このカエルくんの
    言葉は、娘にすごく響いたんだと思いました。

    わざわざわたしのところに来て、読んでくれたりもしました。

    「なんで?」
    と思う内容、子供にもわかりやすく、答えがあるのかないのか…
    でもおもしろかったようで、何度も読んでいました。

    同じシリーズの本も、ぜひ読んでみたいと思います。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 当たり前という事

    考えるという事について考えさせられる絵本でした。
    子供に読みながら、自分自身も考えさせられたな、
    というのが感想です。
    ”どこからが空なんだろう”とか、”みみずのかおはどこ?”等
    聞かれても、大人も返答に困る様な事を考えているかえるくんです。
    幼稚園の送迎や、散歩で子供に何気なく聞かれる様な
    ありふれた事なのに、”当たり前”の事として、
    やり過ごしている事が、どんなに多い事か。
    そして、”そういうものなの”という回答で、ごまかして来た事が
    多かった事に気付かされて、知らないうちにこどもの好奇心を
    奪っていたのかもしれない、と反省しきり。
    判らない事は”ばくときみ”で、調べてみるのも良い事なのかもしれない、
    と思うこの頃です。

    掲載日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かんがえるカエルくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / どうぞのいす / いないいないばああそび / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『くろくまくんとしろくまくん』 小林ゆきこさんインタビュー

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット