ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

びゅんびゅんごまがまわったら」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

びゅんびゅんごまがまわったら 作:宮川 ひろ
絵:林 明子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1982年 07月
ISBN:9784494006038
評価スコア 4.78
評価ランキング 436
みんなの声 総数 64
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この頃の先生って

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    この絵本が最初に出版されたのは、1982年。今からざっと30年近く前に出ていた本なんですね。
    自分の年を考えるのは嫌なんですが、振り返ってみると、当時の先生という方々は、この絵本の中の校長先生のように、子どもたちが身近に見る尊敬すべき大人で、親から学べない知識とか、遊びとか教えてくれたよな〜。と、この絵本を読んでいてつくづく感じました。
    今の先生方は、子どもたち以上に時間に追われていて可愛そうになります。

    うちの上の子は、最近もっぱら1人読みで、この本もあっという間にこっそり読んでいました。
    ニコニコしながら読んでいるところを見ると、楽しい絵本だったようです。

    時代背景がそれこそ30年前ですから、いまの子どもたちにとっては学校の周りの風景も、服装も、遊び方も古くさく感じるかもしれませんが、この作品をきっかけに自然の中の楽しい遊びにハマってくれたりしたら、作者は「よしっ!」って、思われるのではないでしょうか?

    そして、やっぱり林明子さんの絵は、子どもたちの雰囲気が十二分に描かれていて、いいですよね〜。存分に楽しませてもらいました。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「びゅんびゅんごまがまわったら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(64人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット