うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ちびくろ・さんぼ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちびくろ・さんぼ 作:ヘレン・バンナーマン
絵:フランク・ドビアス
訳:光吉 夏弥
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784916016553
評価スコア 4.76
評価ランキング 569
みんなの声 総数 118
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 懐かしい

    私にとっては懐かしく、子供には新鮮なお話だったようです。

    私の記憶もあいまいになるくらい前に読んだので「トラがぐるぐる回ってバターになる」ということしか覚えていませんでした。

    改めて読むと、サンボのトラにたいする勇気もこのお話の中では重要なポイントなのだと感じました。

    それにしても、トラのバターはどんな味なのでしょうね。

    子供も、とてもおもしろがっていました。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • なつかしい

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    小さいころに何度も読んだちびくろさんぼ。
    おしゃれな服を買ってもらったさんぼが
    次々にトラに会い脱いでいく様子に
    こども心にハラハラしながら読んだものです。
    そんな絵本をまた子供に読むことができて良かったです。

    そして最後のパンケーキをたくさん食べる
    サンボにやっぱり子供達もびっくりしていました。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • やはり名作

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    子どものころ、何度も繰り返し読んだ絵本。
    トラがぐるぐる回っているうちにバターになってしまうという驚きの展開に夢中になりました。だって、とろーっとした黄色いバターが何とも美味しそうなんですよねぇ。そして積み上げられたホットケーキ!
    私が夢中になったように、娘たちもやっぱりこの世界に引き込まれたようです。親子二代で楽しめる絵本。やっぱり名作です。復刻されて本当に良かった!

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人になっても忘れられない!

    私も幼い頃持っていた、お気に入りの絵本でした。その後、人種差別うんぬんで、一度廃版になったと聞きました。こんな名作が…。世界には、肌の黒い人が世の中にいると知るのは、子供にとって良いことではないのでしょうか?!とにかく復活して良かった!トラがバターになるっていうのは奇想天外ですごく良いのですが、絵もユーモラスで外国チック、色彩的にもとても楽しいです。トラがぐるぐる…のあの場面は大人になっても忘れられないのでは?

    掲載日:2011/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作はぜひ残して!

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

     自分が子どもの頃に、大好きでした。絶版されたと知ったときは、とても残念でなりませんでしたが、その後復刊されたことで、自分の子どもにも読ませることができ、とてもうれしく思い、購入しました。名作は絶対に残してほしいです。
     
     そして、やっぱり自分の息子二人ともこの本が大好きです。
     だって、ちびくろさんぼは、おしゃれで、かわいくて、やさしくて、かしこい男の子ですから。
     色彩感覚も明るくてとてもいいです。
     こわいけれど、ちょっとお間抜けなとらたちも、おもしろいです。息子二人はそれぞれどのとらが「いちばんりっぱ」に見えるか、理由を言い合っていました。

     翻訳の細かい文体で気になるところが何箇所かあります。
     とらのセリフで「こんどは、たべないで おいてやろう」というセリフが繰り返し出てきます。私は「こんどは」だと、「次回は」「次に会った時には」という意味に感じてしまうので、「今は」とか「今日は」「今回は」のほうがしっくりくる気がして、変えて読んでいます。子どもが小さいときは、「こんどは」になじんでいて、「本と違う」と指摘されたこともありました。今では子どもたちも「こんどは」では「?」と感じるようです。
     また、さいごの「けれども ちびくろ・さんぼは、なんと 百六十九も たべました」の、「けれども」も、私も子どもたちも「?」とひっかかるので、「そして」に変えて読んでいます。


     読み終わると、必ずといっていいほど、「ホットケーキが食べたくなっちゃった〜」と言います。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホットケーキおいしそ〜

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    私が小さいときに別の絵本で読んでもらっていました。
    トラがバターになるところと、ホットケーキをたくさん食べるシーンがとても印象に残っていました。

    復刊されて、このお話は子供たちに読んであげたいと思い、早速購入しました。

    読んでみて、やはり名作だな〜と思いました。
    やっぱりおもしろいところは、トラがぐるぐる回ってバターになる場面ですね。
    そして最後の、ちびくろさんぼは169もホットケーキを食べたというところ。
    子供たち、びっくり!です。

    掲載日:2009/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちびくろ・さんぼ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット