だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ちびくろ・さんぼ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちびくろ・さんぼ 作:ヘレン・バンナーマン
絵:フランク・ドビアス
訳:光吉 夏弥
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784916016553
評価スコア 4.76
評価ランキング 570
みんなの声 総数 118
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私も好きになったよ!

    私が小さい頃、大好きだった本で、とても印象に残っています。長い間、問題作ということで絶版になっていたようですが、また手に取れるようになって、自分の子どもたちにもこの楽しいお話を読んであげられるのは、とてもうれしいことです。
    3歳の息子と6歳の娘に読んだら、二人ともとても楽しそうにしていました。サンボが繰り返しトラに会う場面では「また、会っちゃうよぉ」とドキドキしながら読み進めました。
    「この絵本はママが小さい頃にすごく好きだったんだよ」と話すと、「私も好きになったよ!」と娘がニコニコ顔で言ってくれ、とてもうれしかったです。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    3
  • よかった、子どももお気に入りで。

    この本が絶版になった時、いろいろな見方、考え方があるのはわかるけど楽しいえほんなのになぜだろう、この絵本を楽しんだ自分も差別していたかのように言われた気がして悲しかったです。瑞雲舎さんが復刊してくださりとてもうれしく思います。

    いつか子どもにも読んであげたい、一緒に楽しみたいとおもっていたので、その時まだもっていた私が小さい頃に読んでいた岩波書店の絵本を大切に保管していました。
    そして、子どもが5歳のときに、読んでとその古い本をもってきた時はとてもうれしかったです。それから6歳の今も、子どものお気に入りの絵本になり、大好きなトラがバターになる場面、ホットケーキを196枚も食べたちびくろさんぼの場面を子どもと一緒に読んで楽しんでいます。

    この絵本の絶版の後に、同じ話を違う絵で何冊か読みましたが、やっぱりこの絵本が言葉も絵も一番好きです。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい

    自分が子どもの頃に何度も繰り返し読んだ絵本です。

    大人になり、すっかり忘れていましたが、久しぶりに手に取り、物語が次々に思い出されてきました。

    絵本の中に入りこんで、主人公と一緒に体験するような感覚は、子どものときにしか感じられないことだと思います。
    その体験が、この絵本の中にはありました。

    身に着けたものを、ひとつひとつ渡していく過程も、とてもよく覚えています。
    何よりも、虎が溶けて「ばた」になってホットケーキを焼くときに、そのおいしそうな場面が、本当に印象に残る1冊です。

    確かに、大人になって読み返してみると、文章として「このあたりが問題になっているのだな」というのがわかりますが、物語としてはすばらしいと思います。
    子どももストーリーをとても楽しんでいるようなので、あえて問題についての話はしていません。純粋に、面白いお話だと思います。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世代を超えて

     以前、日本語の絵本が置いてある図書館で借りてきたことがあったのですが、そのときには、絵も訳者も違う方のもので、期待に反し、娘からの反応もあまり得られず、1,2回さらっと読んだだけで返してしまった記憶があります。それ以来ずっと、自分が子どもの頃に慣れ親しみ、夢中になった絵本と同じものを、いつか娘にも読んであげたいという思いを持ち続けていました。

     今年は、寅年。1年の初めに、寅年にちなんで絵本ナビで購入させていただいたのが、この「ちびくろ・さんぼ」です。懐かしさのあまり、思わず手で表紙をなでてしまったほど! この鮮明な赤、黄色、緑、そしてさんぼの黒。やっぱり「ちびくろ・さんぼ」の物語は、この絵でなきゃ!と、思い入れをさらに強くしました。
     娘は、数年前のことだったにもかかわらず、「このお話、どこかで読んだことあるよね」と、絵本のページをめくりながら、即座に言いました。さんぼのお話を覚えてくれたことに、またまたうれしくなり、改めてお話のおもしろさを再認識した思いでした。世代を超えて読み継がれる絵本、子どもと思い出を分かち合える絵本が、我が家の本棚にも1冊増えて、新年早々幸せな気分になれました!

     この絵本のクライマックスと言えば、とらがぐるぐる回ってバターになるシーンですが、子どもはみんな、とらのバターで焼いた黄色いホットケーキを食べてみたい、と思うものですよね。娘も、手を伸ばして、ホットケーキを口に入れる真似をしていました。でも、「Jは、169枚も食べられないよ〜。10枚くらいかな?」と、控えめな欲。そして、「夢の中なら、155枚くらいは食べられるかも!」と、とろけそうな顔をしながら、ベッドに入りました。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちびくろ・さんぼ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット