おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おとうさん・パパ・おとうちゃん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

おとうさん・パパ・おとうちゃん 作・絵:宮西 達也
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
ISBN:9784790260653
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,729
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろいろな呼び方があるよー

    2歳11ヶ月の息子に読んでやりました。様々に呼ばれている自分の父親の様子を紹介する絵本です。「父親」の呼び方ひとつでも、「パパ」、「おとうさん」、「とうちゃん」、「おとうちゃん」といくつも種類があるだけでなく、父親の職業によってはさらに呼び方が変わる。そういう様子を見せてくれる本です。

    以前、同じようなことをとりあげた歌がNHK教育テレビの番組でみたことがありましたが、それをもっとシンプルに、そしておとうさんというさらに違う呼び名も紹介しています。自分の父親がいろいろな名前で呼ばれ、違う顔を持っているということを知るのは大事なことだと思いますね。

    いろいろな呼び名を知りたい、教えたいお子さんにはぜひどうぞ。息子には普段とは違う父親の呼び名を教えてみました。普段はパパですが、いつもとは違う響きにちょっと驚いたのは息子だけではなく、主人も。家の中に変わった風がながれこみますよー。

    掲載日:2010/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな呼び方をしても

    • 霧丸さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳

    確かにいろんな呼び方があって、しかも、家での呼び方とお仕事をしているときの呼び方は全然違っている。
    そんな、大人にしてみればあえて気にもしなかったことが、
    きっと子供にとっては結構気になることで、
    ちょっぴり不思議なような、父親の別の一面を見たような感覚になるのかな、という気がしました。
    呼び方の変化の中にも、変わらない「私のお父さん」「ぼくのとうちゃん」という確かな存在であることに、パパの大きな存在感を感じました。
    やっぱり子供にとって、そんな大きな存在のお父さんであってほしいものですね。
    この絵本に関係あるのか、ないのか・・・
    最近、特に教えたわけでもないのに、私のことを、今まで「ママ」と読んでいた息子が急に「おかーさん」と呼び始めました。なんだかちょっとビックリしてしまいました。これも成長の証???

    掲載日:2008/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おとうさん・パパ・おとうちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / うめぼしさん / ホワイトクリスマス 「雪」 / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット