もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

アフリカへいったクマ」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

アフリカへいったクマ 作・絵:市川 里美
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年
ISBN:9784198610906
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,464
みんなの声 総数 10
「アフリカへいったクマ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • サバンナの少年

    サバンナに住む少年が生き生きと描かれています。
    カバーにある市川さんの写真を見て納得。
    実際にアフリカに行かなければ描けないお話です。
    実際に出会った少年をモデルにしたのでしょうか?
    素朴で純真なアフリカの少年。
    大平原の動物たちと一緒にスケールの大きな舞台と、小さなぬいぐるみの熊。
    ヤギと熊の対比も面白かったです。

    掲載日:2013/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • またまた市川さんの絵本を紹介します!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    これもいいですね〜。市川さんの作品って、やっぱり好みかも〜。
    絵はとても上手だし、お話も優しく、気持ちよく読めます。

    うちの下の子がこの絵本を読んで「アフリカって、クマがいないんだ」「アフリカの人って、動物とホントに話せるのかな?」なんて、つぶやいていました。
    「おい、おい、ホントに5年生か〜?」と、突っ込みたいのを我慢して、
    「アメリカ大陸に入るけど、アフリカ大陸にクマはいないでしょう」といったら、
    「なるほど!」(どこに「なるほど」だったの?)と、うなずいていました。

    この作品に登場する男の子(メト)も、動物たちも、すごく穏やかで、優しくて、純粋さがあって、いいなぁと思いました。
    こんな人たちに出会えるなら、一度アフリカへも行ってみたいですね。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アフリカへいったクマ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

キャベツくん / かばくん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大きなクスノキには生き物たちがいっぱい!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット