モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

さよなら エルマおばあさん」 大人が読んだ みんなの声

さよなら エルマおばあさん 文・写真:大塚 敦子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784097272496
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今年はいろんな身近な人の死    別れがありました
    がんで亡くなった友  主人のお母さん  大切な私の友人 
    私は今 92歳になる母と毎週過ごしています

    人の死 

    このお話の主人公のエルマおばあさんは85歳 多発性骨髄腫というガンです 輸血を受け 自分の死がしんでいくことをわかっています

    家族のみんなが エルマおばあさんとの別れを悲しむのです
    世話をしていた娘のパット「私のことは心配ないからね 安心して別の世界に旅立って」て言うのです

    本当に 死はこの世から姿はなくなりますが・・・
    魂は身近な人の心の中に残るのですね 生き続けているということですね
    自分の死はまだ どういう死に方をするかわかりませんが
    母は このエルマおばあさんのように 家族で見守って死を迎えさせてあげたいと心から思いました

    死んでいったおばあちゃんに顔が似ているので・・・ 
    ちょっと 涙しました

    いろいろな 死の迎え方がありますね!

    掲載日:2013/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分のおばあちゃんと重なり泣けました

    実際のおばあさんが亡くなるまでの一年間を撮った写真にどんどん変わっていくおばあさんの姿や家族の悲しむ姿が映し出され、「死」ついて考えさせられる一冊でした。迎える死を自覚し、その準備をすることとはどういうことなのか、そのことがこの本の写真や文から伝わります。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さよなら エルマおばあさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー / ねえとうさん / くれよんのくろくん / だいじょうぶだいじょうぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット