なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…

ゆきみち」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ゆきみち 作:梅田 俊作 梅田 佳子
絵:梅田 俊作 梅田 佳子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1986年
ISBN:9784593560165
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,665
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 5年ぶりに再読して

    梅田俊作さんの絵本を集中的に読んでいた5年前、梅田さんの描く父親像に強い共感を覚えていた私にはこの『ゆきみち』には違和感を覚えたものです。
    「迫力ある雪景色、激しい雪の中で、お父さん冷たすぎやしませんか」という印象が強く残り、もっと子どもに近くにお父さんがいるべきだなどと思っていたのです。
    しかし今回再読して、この雪の印象、おばあさんと共にいる思い出の風景は、男の子の中で強調された心象風景だと納得しました。
    お父さんは子どもを信じていますし、決してこれほどの豪雪の中で子どもをひとりぼっちにしたりはしないでしょう。
    男の子にとってはそれほどにとても大変な思いと、思い出のいっぱいこもった道であり、生まれたばかりの弟に初めて会うまでのとても意味深い道だったのです。
    バスの形といい、車掌さんといいずいぶんと昔の情景です。(絵本が出た当時にしても過去のものだったでしょう)
    そのころを懐かしく思いながら強調された風景は、本当はちょっとしたみぞれだったのかも知れません。
    子どもは絵本の中では主人公です。
    大人の感覚で子どもを見ていた自分を感じ、梅田俊作さんに申し訳なさを感じました。

    掲載日:2011/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆきみち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / からすのパンやさん / きょだいな きょだいな / だるまさんが / わたしのワンピース / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット