しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おこりんぼママ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おこりんぼママ 作・絵:ユッタ・バウアー
訳:橋本 香折
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,250+税
発行日:2000年11月
ISBN:9784097272793
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,984
みんなの声 総数 121
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怒ってても大好きなんだよ

    私が読んで、日ごろの行いをちょっと反省。
    怒り過ぎないようにしないと。娘がバラバラになって飛んでっちゃう(笑)

    子供のペンギンがバラバラになってしまうことに関しては好みがあるとは思いますが、うちは親子で楽しみながら読めました。
    最後にお母さんが子供のペンギンを直してあげるシーンは母の強さと優しさが感じられ私のほうがホロリとしそうでした。
    怒ってても大好きなんだよってことが娘に伝わってくれればいいなと思います。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんが読むとちょっと耳が痛い本

    お母さんが読むとちょっと耳が痛い本かもしれません。

    親は子どものことを愛していると思っているれど、子どもの方が欲がなくて純粋に愛してくれているかなと思います。

    息子は笑って読んでいました。

    絵本のお母さんのように怒っているかなと私も反省しつつ、息子を傷つけてしまうような言葉には充分気をつけたいなあと思いました。

    掲載日:2009/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママが一番って言ってくれるんだね

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    「わあ、すごく怒鳴ってる〜ケタケタケタ」
    最初に読んだ時、娘は思いっきり笑い飛ばしてました。
    体がバラバラになって、飛んでいっちゃうところも全部楽しんでました。
    自分のこととはさっぱり重ねていないところが、おおらかというか、
    鈍いというか…(@@;

    足だけになったペンギンのぼくが嘆くところ、おかしいんだけど、
    どこかチクリ。

    「やっぱりママがいちばんさ」
    で終わっているのが、本当に私たち母親としては、救いですね。
    こんなに毎日口やかましく言っていても、ママが一番って言ってくれる。

    娘はあっけらかんと楽しんでる絵本ですが、私には大事な自省本です。

    掲載日:2008/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おこりんぼママ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / サンタクロースってほんとにいるの? / はやくはやくっていわないで / はらぺこあおむし / うずらちゃんのかくれんぼ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット