マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

バスをおりたら…」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

バスをおりたら… 作・絵:小泉 るみ子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年08月
ISBN:9784591082188
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,099
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 我が家の温かさ

     私の家は学校まですごく遠い。帰り道は、特に遠く感じる。
    でも、雨の日も嵐の日も歩いて通う。ある暑い日とうとうバスに乗る。でも、ついたところは、知らない町。不安な気持ちを抑えて、私は、必死で家に向かう。
     一面に広がる草はらや、トウキビ畑が、私の不安な気持ちを表現しています。読んでいる私も、はらはら。「がんばって」と応援したくなります。
     最後には、温かい光が漏れ、トウキビの甘い匂いがする我が家に着いて、ホッとします。
     毎日遠い学校まで通う私の「忍耐強さ」が迷子になっても一心に歩き続ける力を作っているのかなと思いました。
    やはり、「我が家っていいな。」そう感じさせてくれる絵本です。

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • えらかったね

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    最初、子供に読んで聞かせて、(あれ?これだけ?)と思った。
    でも、そのあとなんとなくもう一度読んでみたら、女の子の気持ちがそろそろと感じられてきた。
    学校のかえりみち、この女の子の家はとても遠い。
    毎日どんな天気でも頑張って歩いてるけど、あるとき、バスに乗って帰ったら、いつのまにか見知らぬ風景のところへ・・・。
    でも、この女の子は、とてもしっかりしている。
    初めてひとりで通る道、不安で、心細くて、泣きたかっただろうに、‘かえらなくちゃ‘と自分を励ましながら、家を目指す。
    うちの子供も、こんな風にたくましくなって欲しい。

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バスをおりたら…」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / だるまさんが / まあちゃんのながいかみ / となりのせきのますだくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット