大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

アルフィとくらやみ」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

アルフィとくらやみ 作:サリー・マイルズ
絵:エロール・ル・カイン
訳:ジルベルトの会
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年12月
ISBN:9784566008021
評価スコア 4
評価ランキング 18,462
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この怖い顔がウケるかも…?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    ネットの本屋のリスト情報を見ていて、この絵本が目にとまったので、探してきました。
    エロール・ル・カイン(絵)、ジルベルトの会(訳)?「ジルベルトの会」って、なんだろう?と、思って裏表紙をみると、なんと杉並区にある子どもと本のためのボランティア団体の名前でした。
    その方たちがこの絵本を見つけて(たぶん原書で)、とても素敵な作品。ということで、訳をなさったようです。で、この後書きを読むと、私が知らなかっただけで、この絵本はたくさんの人たちに愛されているんだ〜。と、思ったら、ナビではお1人しか感想を書いていなくて、2度びっくり。
    人気のある本とかも、地域性があるのかもしれませんね。

    主人公のアルフィが、まだ幼稚園か小学校の低学年くらいなので、読んであげるなら、幼稚園くらいから中学年くらいがいいかなと、思いました。
    高学年になっても「夜がこわい」とか「暗いとこがこわい」という子はかなり少なくなると思うので。
    お話の発想がとても素敵で、「あぁ、暗闇」ってモノがこういうモノならこわくないと思えるロマンのある話でした。
    ですが、どちらかというとお話ではなく、エロールさんのイラストが怖いところがありました。
    主人公のアルフィのド・アップ!
    そう、くらやみ君の問題に答えたアルフィが、返事を要求しているシーンです。他のページはとっても素敵なイラストだっただけに、もし、私が小さい子だったら、「この顔」が怖くて、この絵本を好きになれないかも〜。と考えてしまいました。
    うちの子は「この怖い顔のところが、ウケるかも」と、言っていましたけど。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アルフィとくらやみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / そらまめくんのベッド / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット