十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ふつうに学校にいくふつうの日」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ふつうに学校にいくふつうの日 作:コリン・マクノートン
絵:きたむら さとし
訳:柴田元幸
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784338126342
評価スコア 4.76
評価ランキング 608
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 普通の日が特別になるとき

    8歳6歳の娘たちに読みました。普通っていうのが1番だとは思ってはいるものの、子供だと毎日毎日同じだとつまんないなーと思ってしまうものですよね。

    このお話は男の子の普通の日が、先生の授業によって特別になっていくお話です。いろんなことがきっかけになって特別になるものだなーと思いました。

    掲載日:2016/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルな世界

    冒頭の数ページはどんよりとした色で描かれていて
    子どもたちの“面白みのない毎日”を象徴しています。
    判で押したように同じように学校へ行って、授業を受けて、帰宅して・・・・という。
    そんな中に一石を投じてくれたのがギー先生。
    初めは面喰って馬鹿にする子どもたちも徐々に先生のペースに。
    音楽を聴いて その場面を言葉で表現するという授業。
    想像力をたっぷりと掻き立てる音楽の時間に子どもたちはイキイキ。
    「ことばはいまや、男の子のおもちゃでした」
    あふれるように言葉を紡ぐ男の子の様子が手に取るようです。
    それに伴ってページは「どんより」から一変色鮮やかになってきます。
    子どもに「魔法のような授業」と言われる先生。いいですよね。
    私も出会ってみたいです。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふつうに学校にいくふつうの日」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット