十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

えほん北緯36度線」 大人が読んだ みんなの声

えほん北緯36度線 作・絵:小林 豊
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年
ISBN:9784591061497
評価スコア 4
評価ランキング 18,561
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すばらしい視点!

    東京と同じ緯度で地球の裏側まで旅をしています。
    緯度が同じということは、時差はありますが気温は同じくらいなのでしょうか。
    ページの下に時刻が書いてあるので、日本のこの時刻の風景と比べることが出来ます。
    それぞれの国の様子に、どこか懐かしい気持ちになります。
    どの国の絵もほんとうに美しく、平和な気持ちにさせられます。
    こうやって一緒に旅が出来て幸せな気持ちになりました。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球に生きる人の生活は違えども

    絵本のタイトルで 手に取りました。
      北緯36度 日本の東京 
    ぼくたちを、 ちょっとした 「たび」に さそいだす。
    こんなはじまり  大きな鳥が 西にむかって とびたつ。
    19:30 夕暮れの町  「たび」に誘ってくれる
    海 船で 訪れたところは 自分の住んでいる町ではない 
    釜山から 中国へ パミール高原 遊牧民たちの生活  ゲルがたちならぶ   砂漠には、ラクダが列になって進む   地球に住む人間が生きている  いろんな国で、身なりも違うし 家も、 のんびりとお茶をのみながら過ごす姿は 何だかほっとしますね
    旅に出ると こうした いろいろな国の人と会えますね

    先日 エーゲ海の 島を訪れました
    白と青の教会の建物が 印象的でした
    海も碧くてきれい  同じ地球に住む人間も こんなにも違うのですね

    36度線をたどる旅につれてもらえました 
    本当に 現代は 飛行機で いろいろな国へ行くことが出来る時代です
    私も 世界中を旅するのが夢なので これからも機会が有れば 
    いろいろな国を訪れたいです!

    小林 豊さんはいろいろな国を自分の目でたくさん見られたのでしょうね

    掲載日:2011/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「えほん北緯36度線」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット