十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

どうぞのいす」 大人が読んだ みんなの声

どうぞのいす 作:香山 美子
絵:柿本 幸造
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1981年11月
ISBN:9784893252500
評価スコア 4.75
評価ランキング 628
みんなの声 総数 382
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • どうぞ ありがとう うれしいですね

    ムービーも見せてもらいました。
    ウサギさんが上手に作った椅子には、かわいいしっぽがついています。
    このうさぎさんは自分のためでなく、誰か疲れた人のために、
    こんなかわいい椅子を作ったんですねえ。
    その椅子を見つけたろばさんは、椅子の上にどんぐりのかごを置いて
    木陰ですやすや、、、
    その後、やってきたみんなはもらったら、おかえしをおいてゆきました。
    ありがとう おもいやり やさしい気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろーい!

    うさぎさんが作ったいすに「どうぞのいす」と立て札をたてかけて置いておきます。するとそこを通った動物たちがそれを見て、いろいろなやりとりをしていきます。最後はどうなるの?と思ってハラハラしましたが、オチが可愛くて楽しいです。
    可愛らしい絵だなと思って見てたら、どんくまさんを描いている作者の方だと知りました。素敵な絵本で人気の理由も納得です。

    掲載日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • それでいい

    うさぎさんが作った、どうぞのいす。
    次々と色んな動物がやって来て、次の誰かに思いやりを残していくんですが…

    「結末が納得いかない。なんでうさぎさんには思いやりが返ってこないの?」という人がいました。
    その時、“見返りを求めてはいけない”という、母の言葉を思い出しました。

    私はこの結末、いいと思います。
    自分の知らないところで、誰かがうれしかったり喜んでくれたら、それで満足。
    自分がそうしてあげたいと思うなら、それでいいじゃない。

    それって色んな場面で、とても重要な事だと思います。

    「どうぞ」という言葉に込められているこの気持ちを、ずっと大切にしていきたいなと思いました。

    周りを思いやる事の心地よさを描いた、素晴らしい絵本でした。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「どうぞ」は素敵なこと。 受賞レビュー

    ちいさな頃から大好きな絵本「どうぞのいす」。
    かわいい動物さんたちと、おいしそうな食べ物に夢中になったりして。

    柿本先生の描く動物さんたちは、可愛く擬人化された中にも
    動物さんらしさものこる素晴らしいものです。
    どんぐりを豪快に食べるくまさん。
    どこかキョロキョロ周りを気にしているような顔もしながら、はちみつをなめるきつねさん。やきたてのぱんを1本持ち帰るのも、なんだかきつねさんらしい?
    みんなあつまって賑やかにやきたてぱんを分けるりすさんたち。
    ここで、青い小鳥さんもはじめて一緒に食べている姿がなんともかわいいです。
    もしかしたら、くまさんやきつねさんが食べているところに
    なかなか近付いていなかった理由が?
    そこに動物さんらしさがあったりして・・・そんな想像も巡らせます。

    「どうぞのいす」を作ったうさぎさんから始まり、
    自分のことだけではなく相手のことを想う優しさがつながっていく「どうぞのいす」には、相手の想いも一緒にいただくから、なおおいしい。

    「どうぞ」をしたほうも、「どうぞ」をしてもらったほうも、
    なんだか気持ちよくて嬉しくて。
    「どうぞ」は、こころあったかく笑顔になる素敵なこと。

    香山先生の紡ぐ、優しくリズミカルな楽しい言葉と、
    柿本先生の描く、可愛くあたたかな絵が、
    こころ豊かにしてくれる素敵な絵本です。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせボランティアに来ている、保育者を目指す学生さんにこの本を紹介しました。 この絵本の読み聞かせを聞いて、自分たちは最近「どうぞ」という言葉をあまり使っていないことに気づきました。保育者を目指す自分たちだからこそ、相手を敬い、相手の立場になって発する言葉を大切にしなければいけないのに、言葉を大切にしていなかったと少々落ち込まれていました。 私は、気づくことが大切で、そこからスタートではないのかと伝えたところ、学生さんは「保育園でこの絵本を読んできます!」と元気に実習に行かれました。
    実習を終えた学生さんが、また絵本ボランティアに来てくれたとき、「保育園でどうぞのいすを読みました!子ども達が何度も読んで!読んで!と言ってくれ、とても嬉しかったです。子ども達に何度も読んでいると、普段の生活の中で、”どうぞ””どうぞ” ”ありがとう” ”どういたしまして”とみんなが相手のことを思いやりながら生活をしている姿を見ることができました」と嬉しそうに話してくれました。「絵本を通して、子ども達に言葉の大切さ、相手を思いやる気持ちを伝えるって、こういうことなんだと実体験することができました。あと、恥ずかしいですが、自分たちもメールやラインで略語を使っているのですが、子ども達のお手本になれるよう、たくさんの絵本を読んで、伝える言葉の大切さを学びなおそうと思いました。」と話してくれました。この学生さんたちにとって、言葉のあたたかさ、人を敬う気持ちを再認識させてくれて絵本が”どうぞのいす”だったようです。
    この話を聞いて、私も嬉しくなりました。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 終わり良ければすべてよし!

    うさぎさんがとってもかわいいイスを作ったので、「どうぞのいす」という札と一緒に大きな木の近くに置きました。

    すると、ロバさんがどんぐりをたくさんかついでやってきて、疲れていたのでありがたいといってどんぐりが入ったかごをいすに置いて、木の下でお昼寝してしまいます。

    すると。。。次にやってきた動物が「どうぞのいす」ということで、どんぐりをもらっていいのかと勘違いしてしまいます。
    ありゃーロバさん、起きて!!と思ったら、とてもやさしいその動物は代わりのものを置いていきます。

    そのような調子で、次から次に動物たちがやってきては、イスにのっているものを頂くのですが、もらうだけでは悪いといって、律儀に持っているものを代わりに置いていくのです。

    そうして、お昼寝から起きたロバさんは、どんぐりが栗に変わっているのをみて、ちょっとびっくりしますが、栗もいいかと納得して帰っていきます。

    途中で、ひとりでも「もらうだけでは申し訳ない」と思ってくれなかったら、連鎖が途切れるところでした。

    みんなの優しさや思いやりのお陰で、ロバさんが泣かずに済みました。

    本当によかった、よかった!!

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  •  うさぎさんが作ったいすは「どうぞのいす」。ろばさんがやってきて、どんぐりが入ったかごを その上に置いて お昼寝をしていたら、いろんな動物が次々にやってきて、あれれれれ!?

     みんな、「どうぞならば・・・」と、「えんりょなく」いただくのですが、ちゃんとお返しを置いておくところが素晴らしいです。「ラッキー!!」とばかりに、自分だけいい思いをするのはだめですよね〜。おかげで、みんなが嬉しい気持ちになりました。ろばさんが、どんぐりが 栗に変わって、どう思ったのかは、ちょっと わかりませんが・・・。でも、つやつやと光った美味しそうな大きな栗だもの。きっと気に入ったことでしょう^^

     読み聞かせ会で、子どもたちに読みました。小さな子どもさんも とてもよく聞いてくれました。お母さんが「うちの子どもが こんなに絵本をちゃんと聞けるとは思っていませんでした」と、あとで話してくださいました。

     動物たちが次々にでてくること、繰り返しがあること、みんなの優しい気持ちが子どもの心にすっと入ってくることなど、子どもを惹きつける魅力がたくさんあるのでしょう。

     この『どうそのいす』が、2015年12月で累計100万部とのこと、おめでとうございます!!たくさんの子どもさんたちが、この絵本を読んで育っているのですね。もうお父さん、お母さんになっている人も多いはず。そして、読み手だった親御さんは、おじいちゃん、おばあちゃんに・・・。

     しっぽがついた「どうぞのいす」を、公園や駅、バス停などあちこちに置いておいたら、「そういえば、子どもの時に、こんな絵本を読みましたよ〜」「あら、私もです!」「私は、子どもに 読んでやりましたよ」なんて、会話が、居合わせた人の間で始まるのでは?と ふと 妄想してしまいました(笑)

    掲載日:2015/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  •  日本語の素晴らしさ、日本人の優しさが出た作品ではないかと感じます。
     「どうぞ」という言葉は他の言葉にはない、他の言葉では上手く表現することができない、素晴らしい日本語だと感じます。言われて凄く嬉しく感じる魔法の様な言葉ではないかと感じます。
     そうして、「うさぎさん」の行動は、日本人の優しさを凄く表しており、こういう優しさこそが日本が世界に誇れることではないかと感じます。
     だからこそ、この本は、面白さや楽しさだけでなく、日本人としてのあり方を示している様な感じがします。是非とも多くの方が読み、日本人としての優しさを再認識して欲しいものです。
     キャラクターの絵も可愛らしく、凄くお勧めです。

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相手がいるからこそ

    どうぞ、ありがとう。
    こちらこそ、どうぞ、ありがとう。
    こうして終わりなく繰り返されるような挨拶ですが
    これは一人でいても出来無いこと。
    相手がいるからこそ、どうそ、という気持ちになれるんですよね。
    そして相手がいるからこそありがとうという気持ちになれる。
    何かを得るためではなくて、気持ちに対するありがとう、そして
    贈り物です。それをうけとるひとは物がほしいのではなく、
    また気持ちを受け取る、、、。
    相手を想う気持ち、感謝する気持ちというのは
    目に見えないものです。
    もっと子ども達、そして大人たちの身近に存在してほしい
    見えない気持ちだなと思いました。

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい勘違い

    要は、勘違いなのですが、後の人を思う気持ちとつながって、お話はすすんでいきます。そして、最後は、なんとも素敵なおちにたどりつきます。
    それと、魅力的なのは、なんといっても言葉です。
    今の時代からすると、ちょっと礼儀正しいと思えるくらいの動物たちのセリフが、読んでいて、心地がよかったです。
    かわいらしくて、ユーモラスななかに、とっても大事なことが描かれているので、小さな子どもから読める絵本ですが、幅広い年齢の人にオススメしたい絵本だと思いました。

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どうぞのいす」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / もったいないばあさん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


たたかえ!じんるいのために!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット