貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

しゅっぱつ・しんこう!」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

しゅっぱつ・しんこう! 作・絵:山本 忠敬
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1984年11月22日
ISBN:9784834000863
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,212
みんなの声 総数 112
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一緒に出かけているような気分に

    電車好きの5歳の息子と読みました。
    山本忠敬さんの乗り物の絵は、ちょっぴりレトロで味があって息子もお気に入りです。
    お母さんとみよちゃんが、おじいさんの家にいくために大きな駅から特急列車に乗ります。山のふもとの駅で急行列車に乗り換え谷川を渡り、こんどは普通列車に乗り換えです。
    電車に乗るたびに「しゅっぱつしんこう!」と繰り返されるので、自分たちも一緒に出かけているようなワクワクな気分を楽しめます。
    乗り物好きの男の子にオススメです。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単純ですが。

    • 虹花さん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子5歳

    5歳の男の子に読みました。
    電車がとてもリアルで、表紙を開いてみると電車が3台並んでいる絵になるのですが、それを眺めるのもとても気に入って、「ほら、電車が並んでいるよ」と嬉しそうです。
    電車とか好きな子には特に。
    細かいところも丁寧に描かれているので、その辺りも楽しんで読み聞かせを聞いています。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと物足りない・・・

    特急列車→急行列車→普通列車に乗り換えて田舎のおじいちゃんの家へ行くという話なのですが、ちょっと物足りなかったです。
    おじいちゃんに会いに行くときのワクワクするような気持ちが描かれていればもっと良かったのになぁ・・・と、思います。
    物語が淡々としていました。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しゅっぱつ・しんこう!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おふろだいすき / しょうぼうじどうしゃじぷた / からすのパンやさん / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

みんなの声(112人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット